グッドインフォ.site

お金に余裕のないサラリーマンのブログ。

釣るか?鮮魚を買うか?それが問題だ。オニカサゴの話

f:id:virgin9090:20191229102329j:image

写真は光が丘の近くにある、市場を除けば都内最大級の魚屋さん、シュン

http://www.sakanaya-shun.net/

で売っていたオニカサゴ。あまり馴染みのない魚かもですが、普通なかなか出回らない、根魚(海の底に住んでいる魚)です。専門の釣り船も多く、超高級魚の一つ。あまりの安さに2匹大人買いしてしまいました。ちなみに背ひれなどに毒があるので調理には注意してください。詳しくはGoogleって。

釣るより鮮魚店で買った方が安いパラドックス

自分は船釣りが趣味で月一回は相模湾を中心に釣行しています。魚釣りは五目釣。アジを中心に五種類の魚を釣る釣り物です。アジ、石鯛、鯛、サバ、青物、などが釣れます。食卓が賑わいます。サバはその場で鯖折りにして血抜きをして、内臓を抜いてシメサバにします。アニサキスなんて知ったことじゃありません。

また、年末はヒラメやオニカサゴを狙って外房に行きます。魚屋さんで買うと高いですし、オニカサゴはほとんど市場に出回らないからです。あれ?。。。

そこで話は最初の写真に戻ります。オニカサゴ、安いじゃん?ちなみに、外房にオニカサゴ釣りに行くと、ざっとこれくらいの費用がかかります。概算です。

都内から高速とガソリン代 5,000円

仕掛け 2,000円(下手なので)

船釣り代金 10,000円

食費 1,000円

その他雑費 1,000円

ざっと2万円弱かかります。その上、オニカサゴはアジなんかと違って、10匹も20匹も釣れる魚じゃありません。良くて数匹。下手すりゃボウズ、オデコ(1匹も釣れないこと、型を見ない、顔を出さない、とも。)です。

もちろん、釣りの醍醐味は釣果だけじゃありません。スマホも使わず海の上で絶景を眺めながら、釣りだけに集中する至福の時。

f:id:virgin9090:20191229104153j:image

とは言え、かかるお金を考えると「プライスレスな時間を過ごせたのが何よりさ」などとクレカCMの主人公気取りにはなれません。

オニカサゴ、まあサイズはちっちゃいけど、1匹千円かあ。。。ちょっとショック。でもやっぱり自分で釣った魚と店で買ったのとでは大違い。例えば下品ですけど、高級風俗のナンバーワン嬢より、多少レベルは落ちても、偶然知り合って口説き落とした美人の方がいいじゃないですか。。。

さて、そのオニカサゴですが、自分は鍋と刺身にします。ヒレは乾かしてひれ酒に。料理の写真はまた別の機会に。