グッドインフォ.site

お金に余裕のないサラリーマンのブログ。

IWC(国際捕鯨委員会)を脱退!なぜ韓国に同様の強硬姿勢を取れないのか?遺憾対応は今後禁止にすべき。韓国に対して実行可能な効果的な制裁とは?

商業捕鯨再開のためIWC( International Whaling Commission )国際捕鯨委員会を脱退!

久々に痛快なニュースです!政府は商業捕鯨再開のためIWC( International Whaling Commission )国際捕鯨委員会からの脱退を本日(2018/12/26)正式に表明しました。

www.nikkei.com

捕鯨関係の記事は以前以下に書きましたが、これでスーパーに安価なクジラ肉が並ぶ日が近づけば嬉しいですね。

www.goodinfo.site

科学的な根拠に基づかない捕鯨モラトリアムに対してしびれを切らし、IWCに仲裁機能がないと判断し、見切りをつけた形です。潔い姿勢で大いに評価したいと思います。

なぜ韓国にはこのような毅然とした強硬姿勢が取れないのか?

日本が国際組織から脱退するという話は、最近記憶にありませんが、日本政府の大英断だと言えるでしょう。そこで疑問が湧き上がります。なぜ同じような姿勢で韓国にには対峙できないのでしょうか。今回の捕鯨問題はいつもの日本政府なら;

IWCにおいて捕鯨が認められず非常に遺憾。今後も引き続き科学的な海洋調査を通じて捕鯨再開への努力を続けたい。

このようなお得意の「遺憾砲」で終わりです。今回IWCからの脱退という強い決意を示したことは本当に素晴らしいと思いますが、なぜこういう毅然とした態度を韓国に対しては取らないのでしょうか。

平成が終わると同時に「遺憾」対応も最後にして欲しい。 

これまで何十年も見てきていい加減分かると思うんですが、中途半端な表現は連中に伝わりません。韓国への外交メッセージにおいて、今後「遺憾」という言葉を禁句にして、明確に日本政府の意向を行動で示すべきです。

宿題をやらない、やる気もない、その上先生をなめ切っている小学生、韓国はもう授業に出てこなくていいし、ましてや給食など与えてはいけないと思います。いや、なめているだけでなく非常に攻撃的です。

昨今の韓国の行動は国家としての体をなしていないし、本当に腹が立ちます。

今年1年韓国が行った日本に対しての暴挙の数々

ホント、枚挙に暇がありません。これだけやられて「遺憾」で済ますのは戦略的忍耐とは呼ばず、単なる腰抜け、政治のサボりだとおもいます。

2015年の日韓合意を踏みにじる慰安婦財団の解散。

bunshun.jp

韓国国会議員の竹島上陸及び軍事訓練の実施

www.sankei.com

自衛隊への非常識な旭日旗掲揚自粛要請

www.sankei.com

韓国最高裁の元徴用工裁判への日韓基本条約の実質破棄とも言える異常な判決

blogos.com

そして韓国軍のレーダー照射問題

news.livedoor.com

探せばまだまだいくらもあるはずです。

もちろん第一義的には韓国側に圧倒的な非があります。しかし日本政府がこれまで具体的な制裁をせず「遺憾の意」の表明だけでお茶を濁していたことも連中を調子に乗せてしまった原因の一つなのだと思います。だから先にも書きましたが、平成の終わりを良い区切りとして、今後「遺憾」という言葉は、こと韓国に対しては禁句にすべきだと思います。

韓国に対して実施可能な制裁とは?

まずSNS等で言われる「断交」ですが、これはあり得ません。日本から断交などと言い出しては絶対に駄目です。日本は韓国と違って国際社会に責任のある国なのですから。それに、北朝鮮問題や中国の海洋進出など、非常に残念ながら日米に加え韓国との同盟は必要です。家と違って国は引っ越しが出来ませんから。お隣さんは選べないのです。

制裁の目的は韓国をまともな考えに正すことです。普通は言葉が通じるので、話せば分かるのですが、残念ながら韓国は理屈より感情が優先される国なので、ロジックは通じません。

となると動物の調教と一緒で、餌を与えるか痛みを与えるしかありません。これまでいくら餌を与えても尻尾を振るどころか、恩を忘れて噛み付いてくる始末です。となるともう痛みを持って理解させるしかありません。

とは言え、国際法に反する制裁はできません。やはり経済制裁が一番効果があるでしょう。

簡単に言うと、経済制裁は3つの要素からなると思います。人・物・金です。この動きを制限することで経済を締め付けることが可能です。もちろん経済のことなので日本にも影響がありますが、これはもう必要経費と割り切って受け入れましょう。

  • 日本と韓国の人の行き来を制限する>ビザ免除の凍結・あるいは期間・入国回数制限。KPOP系のアーティストへの興行ビザ制限の強化。
  • 日本と韓国の物の動きの制限>輸出・輸入制限、関税引き上げなど。
  • 日本と韓国のお金の動きの制限>金融庁による韓国関連の債権や保証に対する評価のリスク係数の引き上げ。日韓スワップ協定の交渉終結を宣言。

多分他にもいくらもあるはずです。

もちろん実際に実行に移す前に脅しとして突きつけるのも良しです。

ホント、口だけじゃダメなんですよ。効果的な制裁を日本政府には期待しましょう。