グッドインフォ.site

お金に余裕のないサラリーマンのブログ。

ゴーンis gone for レバノン。偽名パスポートで保釈中でも簡単に出国できる日本。素人でこれならスパイだったら?

ゴーンさんがレバノンに逃げた。ゴーンis goneだ。

ゴーン被告が声明「私はレバノンにいる」 | NHKニュース

ゴーンさん、日本の人権問題にすり替えてるけど、偽名パスポートでレバノンまで逃げたとしたら、立派な犯罪でしょ?彼にとっては5億円の保釈金なんてスズメの涙、死ぬほど蓄財があるんでしょうね。

弁護士が日本のパスポートを保管していると言う事なので、もし偽名パスポートを本当に行使したとすると、入手自体が違法。スパイ顔負けです。

プライベートジェットとは言え、ゴーンさんが偽名パスポートで出国できるなら、スパイなら日本に偽名で入出国するなんてお茶の子再々でしょう。本当の問題点はここだと思います。

さて、今後の展開ですけど、レバノンと日本には犯罪者引き渡し条約、いや容疑者引渡し条約は結ばれていません。レバノン政府が動かなければ日本は何も出来ないでしょう。それでいいのか?

レバノンと日本の関係は以下の通りです。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000214582.pdf

(外務省ホームページより)

お世辞にも緊密な関係とは言えません。レバノンから日本への輸出はたったの19億円(2015年)。レバノン政府の協力はあまり期待できそうもありません。

ともかく日本の司法が舐められてるんですから、政府は雪辱しないと。レバノンが何もしないのであれば全力で圧力かけないと、示しがつかないと思いますよ。

あと、スパイ防止法を早く制定する事。旅券法違反なんかで終わらせてはダメだと思います。

しかし本当に情けない話ですね。こう言うの野党には徹底追及してほしいと思いますが、まあ彼らは下手するとゴーン側ですからね。人権持ち出されると。なんだかなあ。