グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

カリフォルニアの同時多発山火事、最大規模の「キャンプファイア」は450平方キロを焼き尽くす。キャンプファイアは名称で火事の原因じゃないですよ。

ものすごい規模の山火事がカリフォルニア北部・南部で進行中!

カリフォルニアの同時多発山火事、最大規模の「キャンプファイア」は450平方キロを焼き尽くす。キャンプファイアは名称で、火事の原因じゃないですよ。日本ではあまり詳しく報道されないけど、カリフォルニアの同時多発山火事がかなりすごいことになっています。

edition.cnn.com

2018/11/12時点で死者の数は31人に達しています。以下の動画はUSA TODAYのサイトのものです。

南カリフォルニアの山火事の模様です。猛烈な炎が、マリブ地域(お金持ち沢山住んでます)の沿岸の家々に近づいている様子が分かります。ロサンゼルス郡消防署のFirehawkヘリに搭乗した乗組員が撮影したものです。すごい迫力ですね・・・映画のようです。

今回最大級の山火事「キャンプファイア」

ハリケーンに「カトリーナ」などと名付けるアメリカでは山火事にも命名します。現在大規模な山火事は3つ発生しています。

まず現状一番規模が大きい山火事が北カリフォルニアで発生した「キャンプファイア」です。日本ではキャンプファイアが原因と勘違いされていますが、これは呼び名です。上記のCNNの報道によると、これまでに29人が亡くなっており、110人が行方不明とのこと。111,000エーカー(約450平方キロメートル・・・東京ドーム9600個分?!)を焼き、6,700余りの家が焼失しているそうです。27,000人が住む街、パラダイスを焼き尽くしたのだそうです・・・

この規模の街が消失・・・

ウールジーファイア(Woosley Fire)とヒルファイア(Hill Fire)

そして次に続くのがウールジーファイア(Woosley Fire)とヒルファイア(Hill Fire)です。どちらも南カリフォルニアで発生し、合わせて約340平方キロメートルを焼き尽くしています。

ちなみにウールジーファイアの命名理由は以下のWoolsey Canyon Roadから火事が発生したからだそうです

そして現在約30万人が避難しているとのこと。。。

更に詳しくは海外のニュースサイトに動画も画像も溢れているので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

しかしアメリカの山火事の規模と日本を比較すると、レベルが違いすぎますね。驚くばかりです。

ではもう一度、3つの山火事の様子です。

キャンプファイア


Paradise Camp Fire Destroys City / Paradise CA 11.9.18

パラダイスの街が壊滅しています・・・

ウールジーファイア


Woolsey Fire Burn Area: Malibu Creek State Park, Calabasas

非常に広域に亘っているのがわかりますね。

ヒルファイア


Newbury park fire 2018 Ventura county , hill fire

全くいつ鎮火するのでしょうか・・・もう祈るしかなさそうですね・・・