グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

身軽が一番 パンパンのリュックには何が入っているのか不思議 カバンの中身は少ない方が後々良いと思う理由

今週のお題「カバンの中身」

身軽が一番

カバンの中身を正直に書きます。見栄を張ることなしに。カバンと言ってもリュックですが、シンプルに以下の通りです。

  • 長財布
  • ガラケー2台
  • ポケットティッシュ
  • 定期・名刺入れ
  • キーホルダー

以上です。iPhoneはストラップで首からかけています。これなら絶対に落とさないし、以下のストラップとケースのセットは以外にファッショナブルです。かなりオススメです。

[バンドリヤー]BANDOLIERシルバースタッズレザーiPhone6 ケース
 

ガラケー2台は私物と会社支給のものです。電話はやはりガラケーに限ります。電源の保ちも良いですし。だからiPhoneは電話としては使っていません。

うざったいので折りたたみ傘とかの雨具は持ちません。また、多少の雨なら傘もさしません。だから最小限の荷物で済みます。荷物が少ないのでリュックは大昔の不良中高生のカバンみたいに薄くスカスカです。背中に張り付いています。

海外旅行にいくなら可能であればパスポートとクレカと多少の現金だけで出かけたいほど荷物を持つのが嫌いですね。

パンパンのリュックには何が?

 パンパンのリュックを背負っている人を見ると「あれ一体何が入っているんだろうな?」と不思議に感じます。丸々太ったブタみたいなフォルムのブランドバッグやリュックはデザイナーが泣いているんじゃないですか?あと、手提げ鞄は片方の手と肩に負担がかかってバランスが悪いので好きじゃありませんね。

昨今の世界情勢を考えると本当は非常時用の携帯サバイバルキットなどを常時持ち歩いた方が良いと思うのですが、これもやっぱり面倒臭くて会社に置きっぱなしにしいています。

女性は違うんでしょうね。

これが女性だと全然違うんでしょうね・・・女性としての「備えあれば憂いなし」を追求したら人によってはトランクだって必要なのかもしれません。トランクを運んでくれる執事も必要ですね。

今後は持ち物最小限が主流になるかも。

オリンピックに向け対テロ対策が進む中、日本でも早晩公共の場でのボディチェックや持ち物検査の機会が増えるでしょう。飛行機の機内持ち込み物制限のように、スムースに検査を進めるため、不要なものは持たないようにとのガイドラインが出されるかもしれません。

今のうちから少ない荷物に慣れて置いた方が良いかもしれませんよ。