グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

ウォーキング・デッド シーズン9スタート迫る!ゾンビに襲われて生きたまま喰われるってどんな感じか想像してみた。

痛い!

こんなブログを読んでいただける皆様は、おそらく既にいい大人だと思うのでお聞きしますが、日常生活で痛い体験ってここ最近何かありましたか?よっぽど運のない方でなければ、あるいは格闘技とか工事現場とか、多少のゲガを伴う危険なお仕事に従事されていなければ、だいたい以下のような事じゃないでしょうか。

  • 注射を打たれた
  • 歯が痛い
  • 紙で手を切った
  • 猫に噛まれた、引っかかれた
  • こけた
  • 台風で飛んできた看板が頭を直撃した

などなど・・・まあ大したことない痛みばかりです。


でも、子供の頃と違って大人になると派手に転んだり、高いところから飛び降りたりなど、大きな痛みを伴う無茶をしないので、普段痛みに慣れていません。だからちょっとしたことでも過剰に反応してしまいますよね。ましてや出血でもしようものなら卒倒ものです。

ウォーキング・デッドで生きて食われる痛みって!?

でもってウォーキング・デッドです。


登場人物がウォーカー(ゾンビのこと。ウォーキング・デッドではゾンビという言葉は使われず、代わりにウォーカーと言います。)から逃げ切れずに生きたまま食われるシーンが数多く登場します。あれってどのくらいの痛みなのでしょう。日常生活での痛みと比べるとそりゃあ阿鼻叫喚の痛みだってのは容易に想像がつきますが、実際に体験した人っているのかな・・・

動物に生きたまま食われて悲惨な死を遂げた方はいくらもいる

しかし広い世の中、色々な体験をしている人はいるもので、本当に多くの方が熊やライオンなどに生きたまま食べられて命を落としています。

福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件

以下一部引用です。

だがハンターたちが発見したのは3人の変わり果てた遺体だった。着衣は剥ぎ取られ、裸にベルトだけが巻かれている状態だった。顔半分がなかったり、腹部から腸が引きずり出されるなど、目を背けたくなる光景だった。

正にウォーキング・デッドそのままです。いや、登山デッド、クライミング・デッド(Climbing dead)か・・・

www.bbc.com

以下一部引用です。

「体をほとんど食べつくして、残ったのは頭部と、その他の一部だけだった」

正にウォーキング・デッドそのままです。いや、密漁デッド、ポーチング・デッド(Poaching dead)か・・・

そしてブタちゃんにも・・・

www.excite.co.jp

以下一部引用です。

家の外で遊んでいた2歳の男児が、近所で飼っていた豚に噛み殺されるという事件が発生した。~中略~ 検死解剖をしてみると、豚の内臓からは噛み殺された男児の頭蓋骨の一部や、毛髪などが見つかった。ということは男児は豚による食害被害...つまり"食い殺された"のである。

正にウォーキング・デッドそのままです。いや、遊んでいてデッド、プレイング・デッド(Playing dead)か・・・

検索を続けると本当に多くの人が生きたまま動物に食われて命を落としていることがわかります。

ウォーキング・デッド シーズン9は10月8日スタート!

こんな例を見続けていると、ガンや心筋梗塞で死ぬなんて楽な方だなあと思います。いや、そりゃ楽じゃないですけど、動物に食われるよりいいじゃないですか。

tv.foxjapan.com

ちなみに10月8日からウォーキング・デッドのシーズン9が始まります。こんな悲惨な事故を考えながら見るとまた一味違った感じかもしれませんよ。

dTV、安いしオススメです。