グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

一家に一台 かつお節削り器を!鰹節を削らない人生は日本人に生まれて勿体ない!TKGにこだわる前にまず削れ!

なんと嘆かわしいことでしょうか。昨今のご家庭には驚いたことに鰹節削り器が無いと聞きます。鰹節削り器、着脱式のカンナをひっくり返したようなもので蓋をされている長方形の木の箱に引き出しがついている、って僕の文章力だとこれ以上表現できないからAMAZONに託します。

TKGにこだわる前にかつお節を削って!

世の中では卵かけごはんをTKGなどと称してこだわる方が多いようですが、削りたての鰹節ご飯だってシンプルで美味という点では負けてはいません。しかも一回鰹節削り器を購入してしまえば、ライフタイムバリューではおそらく卵かけご飯より安いと来たら、これはもう即日ポチる以外の選択肢は無いと言っても過言の滝ではありません。時は金なり、善は急げ、人生は意外に短い・・・これからの残りの人生を「真空パック鰹節ご飯」で無難に過ごすのか、「削りたて鰹節ご飯」で食卓をバラ色に変えるのか、それはもうアナタ次第。

日本人に生まれてかつお節を削らないのはとても勿体ない。

大げさですけど鰹節を削ることで確実に劇的に食生活が豊かになるのは間違いありません。日本人に生まれてかつお節を削らない人生なんて絶対に損をしています。億万長者のスティーブ・ジョブズさんはApple本社の食堂の寿司ランチが好きだっと聞きますが、日本人の庶民の方が美味しい寿司を食べていると思います。彼はかつお節ご飯を食べたことあるのでしょうか。多分無いでしょうね、可哀想です。

ともかく本来鰹節削り器は出汁を取るために使う事が多いですが、いきなり出汁ではハードルが高いので、鰹節ご飯を「ダシ」にしてポチらせようという魂胆なのです。だからもう一度Amazon貼っちゃいます。

かつお節ご飯の作り方

鰹節削り器や鰹節の選び方、削り方はインターネット時代であるので、どこかの誰かにおまかせするとして、とにかく重要なのは安かろうが何であろうが鰹節を実際に削ってみることです。削らないより削るに尽きます。後悔先に立たずと言いますが、絶対後悔しないと断言します。
さて、鰹節ご飯を作る手順はと言うと・・・

①鰹節を削る

②温かいご飯を茶碗に盛る

③鰹節をふりかける

④鰹節が湯気で踊って香りが立ち込めるのを楽しむ

⑤醤油を回しかける

⑥豪快にかっ込む
もはや料理とは言えないほどシンプルな鰹節ご飯。これだけだと何だか鰹節消費振興会(存在するか知りません)の回し者のようなので、いくつかバリエーションを記しておくと、削った鰹節に梅肉、オクラ、ミョウガ、焼き海苔などを刻んで混ぜてもとても美味しいです。
ちなみにTKGであれば、僕の好みは奥久慈の軍鶏の卵を生醤油でいただく一杯が最高だけど、奥久慈軍鶏の話はまた今度。