グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

豊田真由子元議員書類送検へ 山尾議員の不倫問題と対照的 暴力はダメで不倫はオーケーとは。

小学生がユーチューバーと勘違いしてサインをねだられるほどの豊田真由子元議員、ついに傷害と暴行で書類送検の憂き目に。ここでは汚い言葉だから書きませんが、数々の罵詈雑言も浴びせていたわけですから侮辱罪や恐喝罪なども追加できないものでしょうか。

http://www.sankei.com/smp/affairs/news/171027/afr1710270023-s1.html

「頭は殴っていない」と弁明するのも今更感たっぷりですね。三原じゅん子議員がいたら「顔はダメ、ボディにしとけよ」とアドバイスがもらえたかもしれません。

山尾議員との明暗が悲哀を誘います。

しかし山尾議員との明暗がくっきりと出てしまいましたね。埼玉4区で初当選して2期務めた上、文部科学政務官などを歴任!輝かしいキャリアです。でも22日の衆院選では5人中、最下位で落選。一方で山尾議員はと言いますと僅差ながらも見事に当選。立憲民主党に入党して党憲法調査会の事務局長に就任との報道もあります。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASKBV64W1KBVUTFK00Y.html

この2人の天と地の差は何なのでしょうか。ポイントは3つです。

命運を分けた3つのポイント

  • ルックスの優劣
  • 現場を押さえた動画の有無
  • 暴力沙汰と不倫の差

ルックスは、山尾議員が抜群にいいオンナかは評価が分かれるところで別にしますが、単純な比較では山尾議員の圧勝で異論は無いかと。見栄えって大切ですね。。。

次に豊田元議員の場合、現場を押さえた動画がYouTubeで拡散した事が致命的。山尾議員の不倫問題はあくまで週刊誌報道なので動画の破壊力に比べれば大したことありません。

そして最後に暴力沙汰と不倫の差。女性の男性への暴力行為はどちらかというと希であり、とてもインパクトがあって目立ちます。一方で不倫は男性は糾弾されるものの(羨ましいから嫉妬を買うんですよね)女性には若干批判のトーンが下がります。ベッキーの時もそうでしたが、平謝りして同情を買えば何とかなります。この両者の違いは大きいですね。著名人の犯罪からの復帰って犯した罪のイメージ次第です。一般に薬物の復帰は早く、性犯罪は永久追放の傾向が高いです。賭けマージャンなんて不祥事のうちにも入りません。

人生いろいろ、議員もいろいろですが、間髪開けずに山尾議員を迎い入れる立憲民主党も党是と違って真っ当じゃないですね。

あと、繰り返しますが見た目って重要で運命を分けるんですね。。。