グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

定食に付いてくる たくあんが二枚で出てくる理由とは?

たくあんは美味しい

たくあん 美味しいですよね。自分は糠と塩だけで漬けた田舎風な味付けのものが好きです。着色料で真っ黄色で甘いのは苦手です。余計な風味を付けているのもダメ。いぶりがっこは好きです。

大綱食品 「いぶりがっこ」半切M3本セット 650g

大綱食品 「いぶりがっこ」半切M3本セット 650g

 

 正式名称「沢庵漬け」さてこのたくあんが日本に生まれたのは意外に最近で、江戸の初期、家光の頃。詳しくはwiki先生にお任せします。

沢庵漬け - Wikipedia

江戸時代、裕福な上級武士は白米しか食べず、栄養が偏って「脚気(かっけ)」になる事が多かったそうです。それを救ったのが糠に含まれるビタミンB1豊富なたくあんでした。これが、たくあんが副菜として武士の間に広がった理由だそうです。

武士がたくあんを食べる様になった、と言う説明が済んで、ここでようやく本題に入ります。

なぜ二枚で出てくるのか?

なぜたくあんは二枚で出てくるのか?諸説あると思いますし、後付けの話かもしれませんが、腑に落ちる面白い話なのでご紹介します。

武士ならではの縁起担ぎ

まず一枚だと、「一切れ」なので「人斬れ」に通じます。縁起が悪いですよね。では三枚だと?今度は「三切れ」(みきれ)となって「身切れ」つまり切腹を連想させます。これも良くありません。そこで中を取って二切れになったと言う事です。じゃあ四切れは?多すぎるじゃないですか。塩分の取りすぎはいけません。

何だか出来過ぎの話ですが、昔の人は縁起を担ぐのが好きだからあり得る話です。説得力あります。

しかし不思議なのは、この話、そんなに知られていないのに、実際に現代でも二切れで出てくることが多いことです。我々武士じゃ無いですから、無意識にそうしているとしか思えません。

たくあんを画像検索!

試しに「定食 たくあん」でグーグル画像検索してみました。た、確かに二枚が多い!

定食 たくあん - Google 検索

日本人の所作は無意識な縁起担ぎや迷信などで形成されている部分も多いのかもしれませんね。日常生活に入り込んでいる理由のわからない(でも調べればわかる)一見非科学的に思える習慣ってとても多いですからね。

なんだかたくあんが食べたくなって来ました。たくあんの海苔巻きも素朴で美味しいからなあ。。。