グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

菅官房長官ステキ!民進党の100億円の政党交付金の希望の党への流用は絶対ダメ!選挙後のビジョン無き希望の党には政権交代を語る資格無し

希望の党には選挙後のビジョンがない。首相は誰に?連立は?

希望の党の小池さん、選挙後のビジョンが全く見えません。

www.sankei.com

菅官房長官の会見はいつも端的で鋭く小気味良いので大好きなんですが、今回も流石ですね。

民進党の100億円とも噂される政党交付金。当然返還されますよね。ネコババなんてしませんよね。

まずは政党交付金についてです。過去「みんなの党」は解党後に政党交付金を返還したそうです。まあ当たり前ですよね。100億円とも噂される民進党の資金が希望の党など他政党に流れる事なきよう、情報公開の徹底を公約とする希望の党に対して、疑いあらば後々説明責任を果たすべきと今からクギを刺す先制攻撃がナイスです。

選挙後のビジョン無き希望の党には政権奪取を語る資格無し。

そしてこれも菅官房長官がおっしゃる通りなのですが、衆院選の公示を過ぎても小池 aka パートタイム’都知事’の選挙後のビジョンが見えません。政権交代を目指しているのに首班指名を誰にするのかも不明瞭ですし、連立に関しても明言を避けています。そもそも論として、都政にも国政にも専念しないような小池さんが党首の急ごしらえの政党に、ソコソコ支持が集まることが異常事態です。もしも希望の党が大躍進したら日本人の民度が問われます。

東京からは希望の党の当選者を出しちゃダメ!

少なくとも東京の選挙区にて希望の党の候補者が当選するということがあってはならないと思います。都政がないがしろにされていることの容認と同じですよね。個人的にはもちろん自民党候補の勝利を期待しますが、どの党の候補が当選するにしろ、こと東京に於いては希望の党の候補者当選ゼロを目指して周囲を啓蒙するつもりです。

国難に対応するのに新人候補は不要。政治は政治家に任せるべき。

日本に余裕がある時なら新人候補でも政治未経験の畑違いの候補も良いと思います。でも今は即戦力の経験豊富な政治家が必要な時です。

日頃不思議に思うのですが、病気になったら誰もが医者にかかりますよね。医者じゃない病気に詳しい人や美人や有名人に治療の相談とか絶対にしませんよね。なぜだか理解できませんが、こと政治に限って言うとプロに任せず、なんの実績もない素人や有名人に貴重な一票を投じる有権者が本当に多くてビックリします。これから医学を勉強するって人に盲腸の手術を安心して任せるようなものです。

極々当たり前の選挙結果になればいいのですが非常に心配です。日本を変えるのは実は普段から投票に行く有権者ではなく、普段選挙に行かない政治に興味の無い無党派層です。今回、希望の党という非常に分かりやすいフレッシュな(皮肉ですよ)政党が立ち上がり、民進党が分裂し、普段は選挙に関心のない層が気まぐれに票を投じるのが予測されます。無党派層は寝ててくれれば良いのにと本気で願います。

無党派層は期日前投票なんてしませんから、投票日は全国的に大荒れの天気にならないですかね。。。

雨乞いだ。