グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

自宅で温泉旅館気分を味わう5つの方法。夏休みに試してみて!3日続けたら湯治療養

f:id:virgin9090:20170725124952j:image

自宅で温泉旅館気分を味わいましょう!

夏休みに避暑地で温泉、最高ですよね。でもいかんせん温泉旅館は高いんです。家族4人なら交通費とか入れて10万弱。。。これはキツイ。でも旅館で温泉、夕飯に朝ごはん。。。諦めきれない。。。

だからここは工夫して、自宅で温泉旅館気分を味わってみましょう。

まずは気持ちから入る

まず最初は心構えです。自分が来ている温泉地をイメージします。行ったことのある温泉地の方が脳内シュミレーションの精度が上がります。そこで自己暗示をかけるのです。「ここは草津、草津だ、草津にいるぞ。。。」、と思い込みます。硫黄の匂いまで用意できたら完璧です。

ネット、携帯を切る

差し支え無ければ携帯は切ります。ネットも遮断。会社には「リフレッシュのため電波の届かないネットも使えない島に行く」とでも伝えておきましょう。セレブっぽいですね。

自宅旅館にチェックイン

さて、着替えて一旦外に出て、理想的には適当に電車か車に乗って15:00頃に自宅にチェックインしましょう。そうしたら、まず浴衣に着替えて15:00〜17:00くらいの夕食前にお風呂に入りましょう。以下の5つの方法で温泉気分を盛り上げてください。

  1. 温泉の素を入れて入浴。一回入って、浴衣にサンダルでコンビニへ行き、冷たい飲み物を買って戻ります。そしたらもう一度入浴。
  2. 夕食には和な出前を取る。
  3. 夕食後少し寝て、もう一度入浴。
  4. お酒は缶か瓶ビールで。冷蔵庫に5本くらいストックしておいて、飲んだ分だけ正の字を紙に書きましょう。
  5. 朝食は、ご飯、味噌汁、納豆、海苔、ハム(あの旅館のハム)、目玉焼きとアジの開き。

これ3日繰り返せば気分はもう湯治です。

夫婦なら交代制で食事用の準備を

夫婦であれば、1日交代で代わる代わる夕飯と朝食を用意すれば、疑似温泉旅館シミュレーションの完成度が上がります。お風呂→夕飯→お風呂→就寝→朝食、が実現します。

入浴時に川のせせらぎのBGMなどを流したりすると更に盛り上がります。

僕は試したことないですが、マッサージさんを呼んだりするのもアリです。 

マッサージさんは別にして、予算にして2人分でも5000円もかからないでしょう。

ちょっと虚しい?そんなことはありません。遠くの温泉に一泊しても渋滞や混雑で疲れるだけです。リアルの旅行費用の何分の一かを使って自宅で優雅に過ごすのもなかなか良いですよ。オススメです。