グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

スマホ紛失、置き忘れ防止策の数々。お金もかからず最も効果的で単純明快な方法は?

失くした財布やスマホは日本ではかなりの高確率で戻ってくるけど。。。

日本は財布やスマホを落としてもかなりの高確率で無事に戻ってくる稀有な国です。かく言う自分も財布を三度も落としたことがあるけど、いずれの場合も中身の現金も含め手付かずに戻って来ました。まあたかだか2、3万円をネコババして味わう罪悪感より、警察に届けた方が気分がいいし、逆に安心ですよね。監視カメラ社会だからひょっとしたら自分が財布を拾った瞬間が映っているかも?などの社会的抑止効果が効いているのかもしれません。ましてやこれが100万、200万円の札束だったりしたら、それこそネコババするなんて怖くて出来ませんよね。こんな風に思うのは日本人だけなんでしょうか。

iPhoneの場合、iPhoneを探す設定は必須。

自分はスマホを失くしたことが幸いにしてこれまで一度もありません。最近は遠隔操作でロックできたりGPSで場所を特定できたりするので、電源さえ入った状態であれば見つけることは容易です。iPhoneに関しては以下のiPhoneを探すの設定方法をご覧ください。まだ設定していない人は必須です。

www.softbank.jp

ただ、場所が特定できても悪意のある人に拾われたり、あるいは電源が切れたりすると回収は困難になりますが・・・

超簡単なロック画面設定がおススメ!

そんなリスクを少しでも回避出来る、誰でもすぐに実施できる簡単な方法があります。

以下は自分のロック画面です。

f:id:virgin9090:20180410151558j:plain

個人が特定されそうなのでモザイクかけてますが、一目瞭然のアイデアです。電話番号を載せるのに抵抗がある人は捨てメアドでも良いと思います。これで少なくとも善意の人に拾われた場合、あるいは警察に届けられた場合に関しては戻ってくる確率も上がりますし、電源切れの心配も少なく、早く回収できるはずです。

自分は電話番号にしていますが、考えて見ると拾った方が女性だったらなかなか電話しにくいかもなのでメアドの方が良いかもしれませんね。

スマートウォッチとのBluetooth連携も効果的

別の紛失防止方法としてオススメはスマートウォッチとBluetooth連携しておいて、接続が切れた時にバイブが震えるように設定しておくことです。

首かけストラップで置き忘れ、落下防止

最後の方法はスマホの落下防止も兼ねてオシャレな首かけストラップを使う手です。

www.bandolierstyle.jp

上記のリンクは1976年LAハリウッドのメルローズアベニューにオープンしたセレクトショップ、BANDOLIER。ここのiPhoneケースは肩がけとかも出来てオシャレなので、セレブの間で人気だそうです。自分も愛用しています。これだと置き忘れ防止になりますし、何よりうっかり落としてガラス面にヒビが入ることがありません。ガラス交換には数千円かかるんですから、ちょっとお洒落な首かけストラップはおススメです。

スマホは個人情報の塊です。失くした時に慌てないように万全に準備しておくことをお勧めいたします。