グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

初の米朝首脳会議の場所はシンガポール?北朝鮮の政府専用機は無事トラブルなく飛べるのか?金正恩さんの3つの悩み事とは?

初の米朝会談、シンガポールで実施?

アメリカのCNNの速報ですが初の米朝首脳会談がシンガポールで行われる公算が高くなったようです。

edition.cnn.com

モンゴルも引き続き候補の1つと報じていますが、距離的に遠いので、やはりシンガポールが有力とのこと。まあ国際都市の方がセキュリティもアコモデーションも良いでしょうからシンガポールになるのでしょう。金正恩さんがアメリカに乗り込んで、しおしおになって帰るのを見たかったですけど残念です。やっぱり第三国での会談なんですね。

さてどうやってシンガポールへ?

さてそこで気になるのは金正恩さん、どうやってシンガポールまで行くんでしょうか?

トランプ大統領は言わずもがなでエアフォースワンですよね。


AIR FORCE ONE : THE FLYING WHITE HOUSE | Documentary

問題は金正恩さん。北朝鮮に長距離を飛べて、エアフォースワンとまでは言いませんが政府専用機、いや、金正恩専用機って存在するんでしょうか?

wikiってみて驚きました。あるにはあるんですが、大丈夫でしょうか。

北朝鮮政府専用機 - Wikipedia

金日成・金正日は飛行機嫌いだったそうで(本当か?酸っぱいブドウの負け惜しみでは?)2000年代まで政府専用機の運用は殆どなく、2010年代にはトラブルが発生してモスクワに引き返したり、火災を起こして中国の空港に不時着したこともあるそうです。運用回数の少ない割にこのトラブルの頻度。整備を怠っていないとしても、機長のフライト経験の問題もあります。甚だは心もとないですね。会談前にシンガポール空港に不時着とか、あるいはたどり着けずに平壌に引き返して会談延期とか、笑い話ではなく十二分に可能性があります。いや、むしろ見てみたいですけど。

こんな記事もありました。ううん・・・本当に無事着けるかな・・・

金正恩が誇る専用機、海外では安全性の問題で運航禁止された老朽機種(1)| Joongang Ilbo | 中央日報

テロの危険性は?

モンゴルならきっと陸路です。電車。。。経路も中国経由だからテロの心配は無いでしょう。ただシンガポールとなると金正恩さんも多少不安じゃないのでしょうか。韓国との会談は親族との面会みたいなもんだから、まあテロはないでしょうが、シンガポールはアウェイです。何があるかわかりません。大体宿泊はどこにするのでしょうか。大使館?ホテル?

金正恩さんの3つの悩みのタネ

また、金正恩さんにとって実質としては初の外遊。それも相手はトランプ米大統領。これで緊張しないはずがありません。つまり金正恩さんは以下3つについて思い悩むのです。

  • 無事到着できるか?
  • 暗殺されないか?
  • トランプ大統領と対等に対峙できるか?

北朝鮮の指導者ならではの、なかなかオリジナリティのある悩み事ですね。

でも実は今から一番不安を感じているのは政府専用機の機長さんかもしれません。何かあったら確実に命がないですからね。

まずは北朝鮮の政府専用機の着陸に注目ですね。