グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

藤井四段29連勝 14歳のネット世代の神童にはコンピューター将棋ソフト ボナンザに楽勝して欲しい。

将棋は小学生の時だけ神童と言われたグッドインフォ.siteです。

雑記&トレンド系ブログとしては、やはりこの話題に触れないわけには行きませんよね・・・

f:id:virgin9090:20170707172514p:image

漫画でもありえない非現実的な偉業。

今日勝利する前に、28連勝の記録を持つ神谷広志八段がコメントで「デビューからこんなに連勝が続くのは、小説や漫画の世界でも現実味がなくボツにされそうなレベル」とおっしゃっていましたが、正に漫画のドカベン並の驚愕的な記録だと思います。SF的です。

対局をabemaTVで見ていましたが(と言うかこれを地上波で放送できない民放ってダメですね・・・)何というか、普通に指しているのに、投了時には圧倒的な攻め駒数で終わっているという圧勝。しかも攻守万能の自然体な感じ。まあそうじゃなきゃ29回負け無し連続でプロには勝てないですよね。

将棋に関しては詳しい方がいくらもいらっしゃるのでボロが出るので細かくは書きませんが、14歳って、普通これからプロを目指すべく日本将棋連盟の奨励会に応募する年齢。それがプロとして29連勝?他のスポーツに例えようと思うのですが、そうですね・・・小学生のピッチャーが飛び級で高校生になって甲子園に出場して、一人で予選から投げきって優勝する、みたいな感じでしょうか。

正に神童、でも狂気とかは感じない。

正に天才・神童だと思います。でもそういう飛び抜けた才能の持ち主にありがちな、破天荒さ、狂気的な雰囲気、社会不適合者な感じは皆無です。記者会見でも大人顔負けの落ち着きっぷりで、浮かれる様子も全くありません。本当に恐れ入ります。

ネット環境から生まれた天才・神童。他のジャンルでも。

昔と違って将棋はネット対戦ができます。棋譜もネットで動画やデータでシェアされていますから、将棋を勉強するにはこの上ない環境が整っています。将棋は相手がいないと指せませんから、昔は近所の公民館や将棋教室などに行く必要がありました。でも今は24時間どこにいてもネット環境さえあれば、自分と同じくらいの棋力のプレイヤーと指すことができます。だからこれからも将棋に限らず、ネット対戦が可能な運の要素が少ない1対1のゲーム、囲碁やチェスなどでは新世代の天才・神童が出てくるかもしれません。

コンピューターは確かに強い、でも新世代プレイヤーが圧倒してくれるかも。

BONANZAに代表されるコンピューター将棋ソフトは確かに強いです。でも最高峰のプレーヤーがプレイする将棋や、囲碁、チェスはアート的でもあります。コンピューターがヒット曲や芸術作品を作れないように、ネット世代で育った新世代プレイヤーが芸術的にコンピューターを凌駕することは十分ありえます、と言うか、見てみたいです。 

そんな事も感じさせてくれる今日の藤井4段の一局でした。本当におめでとうございます!