グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

シャカシャカ系カップルの中央線での衝撃的会話の内容に愕然とした件

シャカシャカ系とは?

深夜のコンビニでよく見かけるんですが、ナイロン製のジャージの上下を着ているヤンキーっぽい女の子っていますよね、ドンキホーテとかにもいますけど。そんな燃えたら肌にこびりついて全身ケロイドになりそうなシャカシャカしたナイロン製ジャージの上下を着ている眉の細~い女の子を個人的に「シャカシャカ系」と名付けたのは早、数年前のこと。今回はそんなシャカシャカ系ファッションに身を包んだカップルを中央線で目撃した話です。

中央線車内での会話に驚愕!

白昼堂々このファッションで中央線に乗り込むってのがそもそも通常の感覚ではあり得ないのですが、まあそれは個人の美意識。この際触れないことにします。さて、では以下車内での会話です。

「このまえ加奈子が(仮名)彼氏に頼まれてカレー作ったんだって」

「へえ、家庭的じゃん。料理得意なんだ」

『そしたら彼氏に「冷凍のカット野菜じゃねえか。愛が感じられない。食えねえよ!」っていわれたんだって。で、加奈子ブチキレて、ちゃぶ台ひっくり返して帰っちゃったんだって』

「でもその気持ちってわかるなあ」

この会話の間、車内全員無言。2人の大声が響く中、全員聞き耳を立てていました。彼らが降りた後、あちこちで笑いと、嘲笑が。。。

では間違い探しをすると、

  • カレーを作るだけで家庭的、料理が得意と断定。
  • カット野菜に愛がないかはともかく、食えないってことはないんじゃ?
  • ちゃぶ台をひっくり返す程いきなりキレなくても?
  • 「その気持ちってわかるなあ」→ 分かんねえよ!

すごい!会話全てに突っ込みどころが!

さて、この件で改めて感じたことは、

世の中にはいろんな常識がある。

って事。価値観の違いってよく聞くけど、これは正に価値観の違いの具体例だ。

僕は料理を作ってくれる時点でまずは有り難い。味にケチをつけるのは、その料理を何回か食べた後に好みを伝えればいいと思います。でもカット野菜に愛がないって言われるとなあ。。。そこまでこだわるなら味噌汁だって出汁入り味噌じゃなくって、昆布や鰹節で出汁を取れってこと?でもシャカシャカ系ヤンキーがそうとは思いません。多分、単純に手作り感にこだわりがあったんでしょう。

世の中色々あるし、色々な人がいるんだなあと改めて感じた出来事でした。でも、料理に愛情という名の味付けを求める彼は意外とピュアで真理を突いているのかもしれませんね。

 

いや、やっぱ違うか。