グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

ロヒンギャ問題 遂に国連安保理緊急会合 スーチーさんが否定するミャンマー軍による民族浄化(ジェノサイド)の疑いが明らかに?

ロヒンギャのメディア露出が少しづつ増えてきた。でもそれだけ自体が深刻化している証拠。

ロヒンギャ問題の報道が最近少しだけ多くなった気がします。周囲の友人から質問される機会も増えました。でもそれって事態がかなり深刻化してきた証拠でもあります。報道されないより良いですけれど、全然喜べません。

www.bbc.com

実際かなり悲惨な状況のようです。

非常に説明が難しい問題です。

ロヒンギャ問題に限りませんが、他人に物事を説明をするには自分自身で200%くらい理解していないと上手く伝えられないなとつくづく実感します。なるべく簡単に説明するために何を省いて良いか、何を省いてはいけないのかが分からないと間違った知識を広めてしまいかねません。ロヒンギャ問題は非常に複雑なだけに本当に説明に苦しみます。

映像を見るのが早わかりへの近道。

以前書いた記事の中で紹介させていただいたのですが「ライトアップロヒンギャ Light up Rohingya【documentary full ver.】」と言う日本人による小一時間程の秀逸なドキュメンタリーがYouTubeで公開されていたのですが、最近なぜか非公開になってしまいました。これ見ると本当にロヒンギャ問題の経緯がよく分かるので、とても残念です。

www.goodinfo.site

と思ったら5分バージョンが公開されていました。


Light up Rohingya【short ver.】 国際平和映像祭 受賞作品

ただ、残念ながら小一時間の内容を5分にしたトレイラームービーのようなものなので、これだとロヒンギャがミャンマー政府に国民と認められていない長年差別されて劣悪な環境下に隔離されているイスラム民族だとしか分かりません。

ロヒンギャ問題を超簡単にご説明。

ロヒンギャと言うムスリムの集団は何世代にもわたってミャンマーに住んでいるにも関わらず、国民と認められず、長年差別されてきました。ミャンマーは仏教徒が多数派なので生活習慣の違うイスラム教徒のロヒンギャは嫌悪の対象でした。ミャンマー国民ではなくベンガル人(ベンガル地方バングラデシュおよびインドの西ベンガル・ビハール州に住む民族。言語はベンガル語)とされ、不法移民扱いを受けてきました。もちろんロヒンギャ側は、もともとミャンマーに住んでいた土着の民族であると主張しています。

そして2012年にロヒンギャと仏教徒の間で大規模な衝突が起き多数の死者が出た際、ロヒンギャを守ると言う大義名分のもとラカイン州に隔離され、現在は自由に移動もできない状況です。劣悪な環境の難民キャンプに封じ込められています。

その後、当然ですがロヒンギャ内に不満分子が発生し、2016年にロヒンギャの武装勢力がミャンマー警察を襲い多数の死者が出ました。その流れで更に色々あってミャンマー軍との戦闘になり、現在に至ります。戦火を逃れるためバングラデシュに逃げ延びたロヒンギャ難民は31万人以上。これはロヒンギャ人口110万人の3分の1近くの数です。ミャンマー軍による民族浄化(ジェノサイド)とも言われる残虐行為が行われている強い疑いもあり、2017/09/13には国連安保理緊急会合が招集される事態に及んでいます。

www.afpbb.com

かなりすっ飛ばしていますが大体こんな感じです。詳細は色々検索してみてください。

スーチーさんは一体何をやっているのか?

ノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーさんはこの件に関して及び腰です。と言いますか民族浄化(ジェノサイド)などは無いと主張しています。スーチーさんは憲法上大統領になれませんが、現在は国家顧問として大統領に指示を出す実質的な指導者となっています。もちろんロヒンギャとミャンマー政府、両者の言い分を聞かないとダメですが、国連安保理が開かれるほどの状況は、やはり異常としか思えません。ガンジーに影響を受け、仏教の慈悲と非暴力が信条のはずのスーチーさん、どうしちゃったのでしょうか。おそらく軍を掌握できていないのでしょうね。軍の扱いを一つ間違えてクーデターでも起きたら、せっかく民主化した国が軍事政権に逆戻りです。もちろんスーチーさんの苦境は分かりますがノーベル平和賞が泣いていると思います。実際ノーベル賞剥奪の署名運動には36万人以上の署名が集まっているそうです。

www.afpbb.com

ロヒンギャの国連安保理での議論が北朝鮮問題にも影響?

ロシアと中国にとってこの問題は下手に扱いを間違うとブーメランで戻って来るかもしれません。それぞれ様々な民族問題を抱えていますから。でも、北朝鮮への制裁に消極的だと言う非難の矛先をそらしてロヒンギャ問題に国際社会の注目を引きつける、みたいな事は考えているかもしれません。

色々書きましたが民族浄化(ジェノサイド)が行われているとしたら、何はともあれ国際社会の力で1秒でも早く止めなければいけません。日本のメディアはオブラートに包む事なく、殺人、レイプ、放火など、様々な残虐行為がミャンマーの実質的指導者、ノーベル平和賞受賞者のスーチーさんの下に行われている可能性がある、とはっきり報道するべきです。スーチーさん美化しすぎです。

 

毎回思いますが日本って本当に平和ですね。