グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

北朝鮮によるミサイル実験が少なくなるのに比例してこのブログのアクセスは減ってゆく・・・アクセス減は平和の証拠

アクセス減は束の間の平和の証拠

ブログのアクセスが減るのは今、束の間の平和だからかもと気がつきました。

このブログで一番人気があるのは実は以下の記事なんですが;

www.goodinfo.site

ブログっていうのは思わぬ記事が長期的にアクセスされますよね。狙って書いたわけでもないし、ただ楽しく金正恩さんの日常を想像して書いただけなんですが、思わぬ反響を呼びました。

 なかなかこうした記事は書けないもので、この5月でこのブログを始めて約1年になりますが、アクセスは頭打ち。でもアクセス減の理由は明白です。

  • 検索ボリュームの多いキーワードを含んだ記事が少ない。
  • 時事ネタがほとんどなので、タイミングが過ぎると検索されない。
  • 暮らしのヒント、HOW TOもののような「役に立つ」記事がない。

ぐうの音も出ない・・・この役立たずが!自分!

世界が激動の時にアクセス数が増えるんじゃダメじゃん

このブログは北朝鮮の核・ミサイル問題とテロ関連の記事が多いんです。だから北朝鮮がミサイル実験を頻繁に繰り返していた頃や、ISが毎日のようにテロを起こしていた頃は月間数万PVほどありました。でもご存知のようにISが一応壊滅し、北朝鮮のICBM発射実験は一段落。その影響で検索ボリュームが減り、あっという間にPVが激減してしまいました。

違う言い方をすると世界情勢が落ち着くに比例して、このブログのアクセスが減っていったんです。あれ?それって良いことなんじゃ?

そっか、見せかけだけでもとりあえずは去年の今頃に比べると、まだまだ平和ってことなんですね。

アクセス増が不安

ただ若干不安なのが、ちょっと先ですがラマダンの時期。

www.goodinfo.site

昔書いたラマダンの時期にテロが増えることについて書いた記事のアクセスが増えてきたら・・・これはヤバイ。もちろん金正恩さんがミサイル実験を再開してもアクセスが増えそう・・・

もはやアクセス数の増加を喜んではいけないことになってるんだ・・・

アクセス数が増える=平和で良いこと

にならないといけないのかも。これはなかなか難しそうだ。

井戸に落ちた犬が消防士の必死の努力で救われた、とか、駅のホームに落ちた酔ったサラリーマンが、周囲の人の勇気ある行動で助かったとか、そんな傾向の記事を増やせばいいのかな。

いやいや、僕にはやっぱり無理そうです。意地悪なことをこらからも書き続けるしかなさそう。ごめんなさいね。