グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

年賀状やハガキは個人情報漏えいメディア 企業の機密情報も危ない?

f:id:virgin9090:20170627202248p:image

「年賀状やハガキは来年から無くす」を公約に都議会選挙に立候補したいグッドインフォ.siteです。あ、東京都の問題じゃないか。

今時メールで済むし、無駄な慣行儀礼だから、なんてありきたりの理由じゃありません。年賀状、ダイレクトメール、国や地方自治体が使うハガキ、それ以外は無くして良いと思います。

ハガキは個人情報の宝庫

 だって、ハガキって送り主の住所と名前、送付先の住所と名前、場合によってはメアドや携帯の番号、そしてメールで言うところの本文テキスト、この個人情報リレーショナルデータがワンセットで閲覧可能な状態になっているじゃないですか。個人情報だけではなくハガキを通してお互いの人間関係まで明らかになっちゃいます。

個人情報保護シール 58×88mm 簡易タイプ(100枚入)

個人情報保護シール 58×88mm 簡易タイプ(100枚入)

 

 こんな株主総会の委任状ハガキなどに貼る用の個人情報保護シールはありますけど、普通わざわざ買って使いませんよね。ましてや年賀状になんて?! (それはそれで面白い。来年使ってみよう)

 もちろん大勢の不特定多数がハガキを見れる状態にある訳ではありませんし、今時プライベートな内容をハガキでは送らないでしょう。でも、少なからず郵便局や配達時に第三者の目に触れる機会はあるはずです。

そもそも郵便局員さんたちは個人情報の取り扱いに関してどれ程の講習を受けているんでしょうか。調べた訳ではないですが、アルバイトさんまで含めると、かなり怪しい気がします。

こんなレガシーメディアがなぜ残ってるのか不思議。

 個人情報の取り扱い云々を色々取り沙汰する一方、何でこんなあからさまな個人情報漏えいレガシーメディアがまだ残っているのでしょうか。不思議でなりません。

 

それでも私信のハガキはまだ良い方です。

 

会社に届く年賀状はヤバイ

会社に届く年賀状なんて、例えばライバル会社がまとめて横取りすれば(もちろん犯罪ですけど)CRMに利用できちゃいます。顧客情報や取引先や関係者、交流関係が丸わかりなんですから。これ立派な企業の機密情報ですよね。それに今は文字スキャンの精度が非常に上がってますから直ぐにデータ化して活用が可能です。

個人の年賀状も個人情報の固まり。

一般の年賀状も個人情報ダダ漏れです。家族の写真が使われていたり、全員の名前や年齢、通っている学校や入社した会社など、一家全員の最新近況がサマリーされている場合が多いですよね。

神経質過ぎ?確かに。でもちゃんとやるなら放置すべき事じゃない。

まあぶっちゃけ僕自身はこんな事気にならないんですが、個人情報保護を国としてちゃんとやるのなら、このハガキ問題は放置しておくべきではないと思います。ストーカーがポストからハガキや年賀状を盗むなんてのも想定するべきですね。

ま、昔の電話帳よりは全然マシですけどね。

www.yomiuri.co.jp

っと思ったらジャストなタイミングでNEWSが・・・ハローページって個人名編まだあるんですね。あり得ないでしょ・・・