グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

大谷翔平選手の二刀流の大活躍をメジャーリーガーは黙って見ていて良いのか?エースで4番の大リーガーを輩出しなきゃメンツが立たないんじゃ?

大谷翔平選手がまたまた偉業を成し遂げました。開幕戦以来5試合ぶりに8番指名打者として出場を果たし、初回の打席でメジャー初ホームランとなる3ランをぶっ放しました。勝利投手が2日後に初回本塁打を記録したのは1921年6月13、14日のベーブ・ルース以来97年ぶりなのだそうです。流行りの言葉で言うと「持ってる、神ってる」としか言えません。

https://www.daily.co.jp/mlb/2018/04/04/0011131949.shtml

まあ若干込み入った記録ではありますが、ベーブルース以来というのはやはり偉業でしょう。正直言ってオープン戦を見る限りでは二刀流どころかどっちもダメかもと思っていたんですが、こうなると過小評価をお詫びしないといけないかもしれませんね。

でもシーズンは始まったばかり。長丁場で体調を崩す事だってあるかもしれません。兎に角この一年は成績も大事ですが、怪我なく乗り切って欲しいと願わずにいられません。

さて、本題に入ります。メジャーの選手は果たしてこのまま大谷選手の活躍を黙って見ていて良いのかって話です。

野球、と言うかベースボールはなんやかんや言ってもアメリカがナンバーワン、世界一です。自ら「ワールドシリーズ」なんて呼ぶのを昔は苦々しく思ったこともありましたが、やっぱりまだまだ日本の野球はアメリカに遠く及ばないし、追い越すことはないと思います。年俸の問題とはいえ、絶頂期のメジャーリーガーって絶対日本に来ないじゃないですか。昔から野球選手に関しても輸出超過。もし同じくらいメジャーリーガーが来日する様になったら、その時日本がアメリカと肩を並べたことになります。

そんな世界一の野球大国が日本人の二刀流なんて甘んじて受け入れて良いのでしょうか?返り討ちに出来なればメンツが立たないのではないかと思います。あるいは野球選手の究極である「エースで4番」を本気で輩出して大谷選手の鼻を明かすべきなんじゃと思ってしまいます。

だって大谷選手は一応エースで4番、実現してますからね。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/201710040000517.html

もちろん通年エースで4番だったわけではなく、お餞別代わりのファンサービスセレモニーでしたが、メジャーリーガーが日本人に負けている場合ではないんです。

本物のエースで4番を目指すメジャーリーガー、いや日本のプロ野球選手が何十年後かに現れないでしょうか。日米どっちが先か競争ですよ。