グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

小田急の新ダイヤ改正は画期的。混雑緩和を如実に実感。後はお客様同士のトラブルが減るかがカギ。

小田急空いてきた!成城学園前駅止まりは画期的!

2018年に小田急線が複々線化されて確かに若干電車の混雑は改善された気がします。

今回の3月17日の小田急線のダイヤ改正で驚いたのは千代田線直通の成城学園前駅止まりが出来たこと。これはとても良い。成城学園前より先に行く人が乗らないから帰宅ラッシュ時でも空いている。昨日なんて代々木上原駅で乗り換え客が大勢降りたから余裕で座れた。なんか不思議だけど嬉しい。ダイヤ改正のポイントは以下が分かりやすいです。

https://www.odakyu.jp/voice-station/

問題はお客様同士のトラブルが減るかどうか

しかし残念だけど、いくらダイヤ改正して増発したって、お客様同士のトラブル、痴漢(冤罪含む)や自殺が減らなきゃダイヤ乱れは解消されないんですよね。。。

以上で今回の投稿の主題は語り切ってしまった訳なので、これ以上は無いんだけど、なんでかなあ、お客様同士のトラブル(ケンカ?)も痴漢も自殺も小田急に限らず交通機関の責任じゃ無いんだから、いくら頑張ったって結局は乗客が原因。極々一部の乗客の行動がひいては何万、何十万人に影響を与える、いや、迷惑をかけると言う寸法だ。

もっとも混雑が緩和されれば、足を踏んだとか、肩が当たったとか、お尻に触ったとかなどの、乗客同士の物理的接触は確実に減るわけだから、今後の運行状況に期待ですね。

システムがうまくできていても利用者次第で破綻する

しかしつらつら思うに、結局システムを利用する人間次第なんですよね。

街をいくら掃除したってゴミを捨てる人が減らなければ綺麗にならないし、落書きをいくら消しても上書きされるし、渋谷なんて謎のステッカーだらけだ。

f:id:virgin9090:20180329141752j:image

今まさにお花見の季節だけど、代々木公園のゴミがすごい。なぜ自分で持ち帰らないのか?ゴミを処理する手間やコストを分かっているのだろうか。

結局、他人の気持ちを思いやれないからなのかな。自分の行為が誰にどう迷惑がかかるのかを想像しない。最終的には社会負担増で自分に返ってくるのにね。

まあ偉そうに言ってるけど、知らない間に自分だって何かのシステムに負荷を与えてるかもですけど。

「人のふり見て我がふり直せ」って事もそうだけど、本当は「自分のふり見て我がふり直せ」と行きたいものですね。