グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

小田急線複々線化で痴漢もトラブルも減ってハッピーな社会に

小田急線複々線化は社会の安定に繋がる。みんなハッピー。

www.odakyu.jp

小田急線の複々線化で2018年3月中旬に新ダイヤとなって通勤ラッシュ時に大幅増発が決定。沿線住民としては嬉しい限りです。混雑の緩和は単純に通勤が楽になるという事だけではなく、乗客のストレスが減りますから、よくある電車遅延の原因の1つ「お客様同士のトラブル」が少なくなる効果が期待できると思います。

混雑がなければ痴漢も冤罪も減る。

また痴漢も減るんじゃないでしょうか。本当の痴漢は断罪されるべきですが、痴漢ってかなりグレーゾーンな犯罪だと思います。親告罪に近いですよね。あの激混み電車の中で「触ったさ触ってない」ってナンセンス。不可抗力もある訳ですし、仮に触っていなくても女性に名指しで「痴漢です」と叫ばれたらほぼ人生終了のフラグが立ちます。電車が空いていれば不可抗力も無く、冤罪も減るでしょうし、本当の痴漢も周囲からバレバレですから激減でしょう。複々線化は社会の安定に繋がるのです。小田急ありがとう!

しかしこの複々線化に伴う来年3月のダイヤ改正ですが、不思議な点がいくつかあります。

登戸が優遇されている不思議

南武線の武蔵小杉からの流入を考慮したのでしょうか。南武線と小田急線、柄の悪い路線とイメージの良い路線が交差する微妙な駅が登戸です。そこに快速急行が停車することになりました。登戸ってそんなに重要なポイントなのでしょうか?不思議です。まあ乗換駅だからってのは分かるんですが、大昔の駅前を知る身としては隔世の感がありますね。

おなじみ小田急線の経堂エコひいき

経堂駅で降車したことございますか?急行が土日だけ停まるだけ駅の割には非常に巨大です。急行が常時停まらず、平日は準急だけが停まるという中途半端な駅です。一説には小田急のお偉いさんが住んでいるので何かとエコひいきされていると聞きます。今回のダイヤ改正でも経堂に停車する通勤準急が新たに新設されるそうです。うーん、謎。

京王線の危機感?

同じ新宿発の京王線は危機感を持つのではないでしょうか?京王線沿線と小田急線沿線を比べると、やっぱり京王線は分が悪いイメージです。小田急線は新宿から箱根や片瀬江ノ島など行き先が複数ありますし、千代田線にも繋がってますし、なんと言ってもあのロマンスカーがあります。また成城学園前や下北沢など人気の街も多くあります。方や京王線は。。。これで混雑も緩和されたら京王線沿線の住民を奪われるかもしれませんね。

とにかく長期にわたる工事、お疲れ様でした。混雑緩和期待しています!

小田急ロマンスカー物語

小田急ロマンスカー物語