グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

北朝鮮の核攻撃に備えてプチ疎開がオススメ 核ミサイルが東京に落ちた場合の被害の規模は?50キロトンでシュミレーション

北朝鮮の記念日には東京23区内や米軍基地の側には近寄らない方が良いですね。

最後の方で書きますが23区内にお住いならプチ疎開の算段を整えた方が良いかもしれません。

東京に50キロトンの核ミサイルが落ちたら?

水爆実験に成功したとは言え、まだまだミサイルに搭載して運用出来る段階には達していないでしょう。だから核ミサイル攻撃があるとしたら、搭載されている弾頭は普通の原子力爆弾と想定されます。そして北朝鮮がミサイルに搭載可能な核爆弾の威力は50キロトンと推測されています。

f:id:virgin9090:20170906144424j:image

そこで有名な核爆発の被害予測サイトNUKEMAPで国会議事堂に落ちた場合のシュミレーションをして見ました。地上から約60メートルで爆発した場合、以下の通りの被害となります。水爆に比べれば全然小さい規模ですが、大惨事である事に変わりはありません。後は風向き次第ですかね。

NUKEMAP

http://www.nuclearsecrecy.com/nukemap/?&kt=50&lat=35.6757971&lng=139.7446942&hob_ft=0&casualties=1&fallout=1&zm=13

以下上記の結果を元にしたサマリーです。

死者 151,430
負傷者 917,300

火球半径:290 m(0.27km²)

ちなみに地面に接触すると、放射性降下物の量が大幅に増加するそうです。

爆風半径(20 psi):1.04 km(3.39km²)
20 psiの過圧だとコンクリート製の建物は損傷したり破壊されたりします。
爆風半径(5 psi):2.56 km(20.7km²)
5psiの過圧でもほとんどの住宅が崩壊し、死者や負傷者が出ます。

放射線半径(500レム):1.64 km(8.41km²)
500レムの放射線量は医療処置がなければ50%から90%の確率で死亡。死ぬまでに数時間から数週間かかるそうです。嫌ですね。
熱放射半径(3度熱傷):3.4 km(36.4km²)
3度の熱傷は皮膚層全体に広がって痛覚を破壊するので、しばしば無痛だそうです。重度の瘢痕化を引き起こし、切断を要とする場合も。

即死した方が全然良いですね。。。

無類の記念日好きな金正恩さんだから日米の祝日にも注意。

北朝鮮の記念日だけじゃ無く、彼らは他国の記念日にケチをつけるのも好きですから、以下今後の日米 北朝鮮の祝日です。ご参考まで。

日本の祝日
9月18日(月)敬老の日
9月23日(土)秋分の日
10月09日(月)体育の日
11月03日(金)文化の日
11月23日(木)勤労感謝の日
12月23日(土)天皇誕生日

アメリカの祝日
10月9日(月)コロンブス・デー
11月11日(土)退役軍人の日/ベテランズ・デー
11月23日(木)感謝祭/サンクスギビング・デー
12月25日(月)クリスマス

北朝鮮の祝日
10月10日(火)朝鮮労働党創建記念日
11月16日(木)母の日
12月27日(水)憲法記念日

記念日にはプチ疎開がオススメ

自分は実家が都下なので今週の9月9日の北朝鮮の行動次第ではプチ疎開を真剣に考えています。通勤も可能な範囲ですし、いざという時は更に東京から離れられますしね。

23区内にお住いの方は、区外の実家や頼れる親族の家にお邪魔する算段を考えておいた方が良いと思います。

キューバ危機以来の核戦争の危機!

これもメディアははっきり言いませんが、控えめに考えても現在の状況はキューバ危機以来の核戦争の危機です。

キューバ危機 - Wikipedia

しかし今回ヤバいのはキューバ危機の場合、当時の米ソのリーダーはケネディ大統領とフルシチョフ首相でした。核戦争一歩手前で引き返せたのは両者が理性的な政治家であったからです。今回の場合。。。言うまでもないですよね。

来週が無事に来て笑って過ごせれば良いのですが。