グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

逆ふるさと納税?!前川喜平さんを招いた西尾市、高須院長の住民票移転で全歳入の10%近くの数十億円の税収を失う。

これぞ逆ふるさと納税?!

高須クリニックの高須院長、お金持ちの行動はこうであって欲しいものです。

netgeek.biz

あの破廉恥前川さんを事もあろうに講演会に招いた西尾市に激怒して、住民票を移転したって話です。結果数十億の税収をロスト。西尾市の教育委員会が招いたそうですけど、ずいぶんと高く付いた講演会になってしまいましたね。

高額納税者の方々は是非これを見習って、自分の主義主張に沿わない税金の使われ方を見逃さず、市政や区政を監視するべきだと思います。

f:id:virgin9090:20180413132542p:plain

自分は自民党&現政権支持ですが、もちろん個人の意見は様々なので、外国人参政権に反対だったりLGBTの取り組みが甘いなどの理由で住民票を移したってもちろん自由だと思います。ふるさと納税ならぬ「逆ふるさと納税」ですね。

ご参考までに以下、公開されている西尾市の平成28年財務公表PDFです。

http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/10,3107,c,html/3107/20171106-094951.pdf

高須院長の納税額数十億は西尾市の全体の10%近く・・・

歳入が554億3882万円ですが、その内の個人市民税が109億6876万円。高須院長の納税額が数十億と言われていますから、これは大打撃でしょう。全体で見ても10%近くです。

ただ西尾市と教育委員会は本当に熟慮を重ね、教育上非常に意義のあることだと判断した上で、前川さんを公演にお招きしたのでしょうから、高須院長の住民票移転に関して後悔はおろか、誰かを処分したりするなどの必要は全くありません。数十億と引き換えにポリシーを曲げてはダメでしょう。それはそれ、これはこれ、です。もっとも次の選挙で市民の判断は下るかもしれませんが、それはまた別の話・・・

まあでも実際は今頃、前川さんを公演に招いた担当者、許可した上長、などなど責任の所在のなすり合いが起きているのでしょうね。トカゲの尻尾切りと言うか、誰かが詰め腹を切らされるのでしょうね・・・

問題点も・・・

高須院長のように筋の通ったお金持ちの方であればいいんですが、クレーマー資産家のような人が市政や区政に住民票をチラつかせて難癖つけてくるなどの弊害もあるかもしれません。あるいは住民票を移す際、何かしらの条件を事前に交渉して密約するとか。規制が必要とまでは言いませんが、こういうのこそマスコミが監視すべきなのではないかと思います。

でもやっぱ前川さんの講演会が数十億の税収減とは強烈ですね・・・