グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

NHKのラジオだけなら契約不要と放送法第64条の1項に書いてあるんで、ぜひNHKが受信できないテレビの商品化を!

NHKが映らないテレビ by SONY?

SONYの株主総会でNHKが映らないテレビの開発を求める発言があったとのことで話題になっています。以下ツイートをご紹介いたします。

「発言があったとのこと」と断定せずに書いたのは、一般的にニュースになったわけではなく、ソースがこのツイートだけだったからです。なんの証拠もないと言えばその通りですし、釣りの可能性も鑑みました。

大ヒット商品確実!

でも、この受信制限リミッター付きテレビ、商品化されたら大ヒット確実でしょう。デフォルトで物理的にNHKが受信できないのなら、さすがに受信料徴収は無理でしょうから、ホテルやオフィスなどでの需要は相当あるはず。経費節減に大貢献しますから。アパホテルなんて真っ先に大量発注するでしょう。

NHKのラジオだけなら契約不要。つまり受信料はタダ

ご参考までにNHKの契約内容は以下の通りです。

https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/NewContractTop.do

高いなあ。。。でもまあ一般家庭はともかく、各部屋にテレビがある業態には大変な負担です。

仮に地上波契約を無くしたら、例えばホテルだったらどうでしょうか。100室あるホテルがNHK地上波契約を解約すれば年間でざっくり14,000(年額受信料)x100(TVの個数)=140万円の節約になります。部屋代だって日割りにすれば1日40円くらい安くできます。バカになりません。逆に言うとNHKが映るホテルに泊まっている人は1泊につき受信料40円を負担していると考えることもできます。

ところでNHKの契約の種別は衛星契約(地上波とBS)と地上契約(地上波のみ)の2種類しかありません。だからBSだけの契約は無いのです。とても残念です。なぜかと言いますと、個人的にNHK地上波の報道姿勢には文句があるので観たくないですが、BSはクオリティも高いですし報道もグローバルなものが多いので、引き続き受信料を払って観続けたいです。地上波のNHKが見れなくなっても別に困りません。「災害時でも大丈夫?」と言う人もいますがラジオがあれば良いです。ちなみにNHKのラジオのみでも受信料が取られるのか気になって調べてみました。

放送法第64条の1項によると;

第六四条 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。 

放送法 / 受信料等

ラジオについては契約不要とはっきり書いてあるので大丈夫です。オリンピックとかW杯の時にどうするかは悩みますが、四年に一度なのでその都度考えれば良いでしょう。

いっそのこと地上波が映らないテレビが欲しい。

そんでもってですけど、NHKが見れないテレビを作るならいっそのこと地上波が映らないテレビを販売して欲しいです。あるいは見たくないチャンネルをカスタマイズして売ってくれるとか。

今の地上波はバラエティに偏りすぎだし、なによりお笑い芸人ばかりで閉口します。ニュース報道は偏向がひどすぎますし、そもそも圧倒的にニュース番組が少ないです。国際ニュースなんてゼロに等しいと言っても良いくらいです。

他にも、テロップ多用の番組や、肝心の部分を寸止めしてCM後に焦らしに焦らして放映するストレスの溜まる編集な今の地上波は観るに値しない番組ばかりです。

やっぱり広告モデルの無料放送はNetflixとかdTV、Amazonプライム・ビデオなど、定額制の見放題サービスが台頭して来ている今、もう役割を終えているんですよ。

本当にNHK受信不可テレビ、早く商品化されないかなあ。。。