グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

Mr.Childrenの25周年記念配信限定ベストアルバム Thanksgiving25が10万ダウンロード突破!国民的バンド、ミスチル凄い。ゴールドに認定!サブスクリプション 聞き放題サービスが流行らない理由とは?

Mr.Childrenの配信限定アルバム Thanksgiving25が驚異的にダウンロードされています。

以下の2タイトルです。それぞれ25曲入りで2,500円(税抜きですけど)。25周年だから25曲で2,500円(税抜きですけどw)、こういう語呂合わせはマーケティング上とても大事です。2枚合わせて税抜きですけど(クドいな)50曲5,000円。内容は超厳選ベスト盤ですね。確かに絶対売れそうな内容。日本人必須って感じです。

ゴールド配信アルバム認定!

日本レコード協会が定めた有料音楽配信認定と言うのものがあります。昔で言うところのゴールド・アルバムとかプラチナ・アルバムとか、売上に応じて表彰する慣習が音楽配信にも残っていて、以下のサイトを見ると5月に配信を開始して以来、7月にどちらもゴールド認定、つまり10万ダウンロードを達成しています。

www.riaj.or.jp

日本でアルバム10万ダウンロードはたった11タイトル・・・

ただ「残念」と言うのが的確かどうか分かりませんが、日本で音楽配信が始まって以来、既に10年以上になりますが、驚くことに、アルバム単位でのダウンロード(バンドル配信と言います)では以下の11タイトルしか10万ダウンロード以上を達成していません。

ソングス・フォー・ジャパン

ソングス・フォー・ジャパン

 

 (最後の『ソングス・フォー・ジャパン』(Songs for Japan)は東日本大震災の復興支援を目的とした期間限定チャリティ・アルバムなので現在は配信はありません。)

サブスクリプション(Spotifyなどの定額聴き放題サービス)があるから今更ダウンロードなんてしないんじゃ?

ところがそうでもないんです。最後のチャリティアルバムを除いた上記10タイトルの内、いわゆる外タレ洋楽はサブスクリプション(Spotifyなどの定額聴き放題サービス)に楽曲を提供しています。しかし邦楽はRADWIMPSが限定的にサブスクリプションを行なっているだけで、Mr.Childrenや宇多田ヒカルなど有名どころは解禁していないんです。ガラパゴスな日本マーケットを象徴していますが、やむを得ない事情があります。

日本は実は世界で一番CDが売れている国。

日本は実は現在世界で一番CDが売れている国です。CDプレーヤーさえ持っていない人が多いのに本当に不思議です。聴くときはスマホでデータで聴くわけでしょ?CD買ってパソコンでスマホに落として聴くってめんどくさいですよね。しかも若い子はパソコンさえ無いと聞きます。パソコンがなかったらCDからどうやってスマホで聴くんでしょうか?

よく言われますがもはやCDを買うのは好きなバンドや歌手にロイヤリティーを示すためのお布施なんですよね。そうでなければCDと言うこんな不便な前世紀のメディアが売れ続けるはずがありません。だって650MBしか入らない円盤ですよ。でもそのレガシーメディアである一番高価で不便なCDがなぜか売れ続けるマーケットなのです。

CDがいちばん儲かるんだから配信なんてしなくて良い。

だったらエスタブリッシュなバンドや歌手にとっても安い配信より高価なCDです。CDのアルバムが約3,000円(高い〜)ダウンロードは2,000円前後、そしてサブスクリプションは一曲一回聴かれて大体0.2円くらい(配信業者によって異なります)です。12曲入りアルバムを一回聴いて2.4円。CDの3,000円に換算するとアルバムを1,250回も聴かないと3,000円に達しません。どんな大ファンでも一生かかって聴くかかどうかの回数です。そりゃサブスクリプションなんて圧倒的に売れている大物なら不要ですよね。実はこの話は複雑なので、突っ込んだご説明は次回以降に譲ります。

つまりエスタブリッシュドなバンドや歌手は音楽配信、特にサブスクリプションなんてしなくても食って行ける。

そうなんです。CDが売れ続ければサブスクリプションなんて定着する訳がありません(ちなみにサブスクリプションは業界では通称「サブスク」です。なので以下「サブスク」)。だから本当の国民的バンドや歌手はサブスクに配信していないんです。ジャニーズ所属アーティストに関してはサブスクは愚かダウンロードにしてもごく一部の例外を除いてほとんど配信していません。そりゃCDが売れるんですから当然ですよね。

コアな音楽ファン以外の一般ユーザーにとってはサブスクは魅力のないサービス。

一般の人が年間に購入するCDなんて1.2枚くらいです。外国人と違って「いろいろなジャンルの音楽が聴きたい」なんて人は日本では稀。だから普通の人にとっては、世界中の音楽が聴き放題と言うサービスが月額1,000円でも高いと感じてしまうのでしょう。アルバムを年2枚しか買わないのなら年額約6,000円。聴き放題サービスは大抵月額1,000円弱ですから年額12,000円弱。特定のアーティストしか聴かない人にとってはお得でもなんでもありません。しかもその特定のアーティストがサブスクリプションに配信していなかったら?そりゃ尚更加入する理由がありませんよね。僕のような音楽ファンからすると、チャーシュー麺大盛りくらいの価格で1ヶ月音楽聴き放題って、すごいサービスだと思いますが日本人には向かないでしょう。

とは言えミスチルの配信限定ベストはマストバイです。

まあ色々文句ばっかり言いましたが、YouTubeで無料で聴くって選択肢もある訳ですw。そんな中、大好きなMr.Childrenが限定的にとは言えダウンロード限定アルバムを発売してくれたことはとても嬉しいです。絶対お買い得なのでDLオススメします。