グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

魔法が解けたジブリ風映画「メアリと魔女の花」ヒットの気配を感じない・・・なぜ主題歌がセカオワなのか?

いよいよこの今週末に公開される!って言うワクワク感を全く感じないジブリ風映画「メアリと魔女の花」

公開前に、もうとっくに封切られているような感覚があったら、その映画はヒットします。

これ真理です。内容とか出演者とか海外の興行収入とか全く関係ありません。

あと映画は初日で勝負が付きます。初日に大地震や戦争でもないのに上映館が閑古鳥だったら、その後どんな宣伝展開を行なってもお客は入りません。例外は監督や主演の誰かが亡くなった場合のみです。

その理論で行くと今週末のジブリ風映画「メアリと魔女の花」は大外れしそうですね。公開前のワクワク感や盛り上がりを驚くほど感じません。


「メアリと魔女の花」予告3

魔法の解けたジブリ映画はパンツの見えない幼女が活躍するだけのアニメです。(いえ、見えているかもしれませんよ、知らないけど・・・)確かに絵は綺麗かもしれませんし、動きも背景もきれい。でもマジックを感じません。

僕はその「ジブリマジック」が嫌いなので、正直言いますとジブリ映画より、こっちの方が無難で癖がないから観れちゃうと思います。でもそれって、どっちか見ないと飛行機で時間が潰せないような時に無料ならって限定の話。どちらもとてもじゃないですがお金を払って見る気はしません。

セカオワの主題歌が素晴らしい、だからダメ。

主題歌もまた絶妙ですね。ピッタリです。だからダメなのだと思います。

ジブリ映画はエスタブリッシュな大物アーティストの楽曲、使わないじゃないですか。声優に声優を使わず、俳優を使うのに、なんで主題歌がJPOPど真ん中のSEKAI NO OWARIなんでしょうか?「君の名は」タイプのアニメじゃないんですから。

何度も言いますが、このセカオワの主題歌「RAIN」は、もうこの映画に最高にピッタリな120点の曲です。プロの仕事だと思います。だからこそこの映画にとってはダメなんです。


SEKAI NO OWARI 「RAIN」 Short Version PV 主題歌映画「メアリと魔女の花」

無名のケルト音楽のミュージシャンとかにすれば良かったのに。万人に分かりやすい「格調の高さ」があった方がジブリ風映画には絶対に良いと思います。

disってるんじゃないんです。もったいないなあと。

なんかここまで読むとジブリもスタジオボノックも両方ディスっているように聞こえるかもしれませんが、全然違います。褒めているし、勿体無いと思っているだけなんです。個人的には観ませんけど。

主人公が幼女でなければ、主題歌がセカオワじゃなければ・・・

ジブリ風既視感とベタすぎる主題歌。せめて主人公が幼女でなければ、せめて主題歌がセカオワでなければ、特大ヒットするかは分かりませんが、全然良かったんじゃないかなって気がしました。

 

あくまで予告だけを観た個人の感想なので、悪しからずです。

なん度も言いますが、セカオワはプロです。

 

RAIN (初回限定盤A)(CD+DVD)

RAIN (初回限定盤A)(CD+DVD)