グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

ISはもうそこまで来ている フィリピン マラウィ市でのISとの戦争はなぜ全く報道されない?

海外の記者はガッツが違う・・・

外国の記者は気概が半端ないですね。首に銃撃を受けてもレントゲン写真TWEETしてネタにしちゃうんですから。

 ラッキーと言い切るメンタルが凄すぎます。

これがどういう事かというと、海外メディアはISとフィリピン政府が戦闘中のマラウィ市に記者を送り込んでいるということです。で、普通比較的安全とされる場所から取材する西欧のジャーナリストでさえ、首に銃撃をされるほど状況は逼迫しているってことです。絶対的安全地帯からしかNEWS報道をしない日本のメディアさんたち、分かってますか?戦場の取材って命がけなんですよ。

それほどフィリピン情勢は緊迫しているのに、どうせ中国に親権のあるパンダの子ども云々を放送している場合じゃないでしょ?日本にジャーナリストっていないの?

とりあえず映像見て下さい。


ドローンで空撮、市街戦による破壊の跡 フィリピン南部 Aerial images show explosions, destruction in Marawi

これ・・・テロリストとの小競り合いのレベルじゃないですよね、戦争ですよね。

これ、日本だったら?

これがもし日本のどこかの地方都市だったらと思うとゾッとします。戒厳令を敷くまで(日本ってそもそも戒厳令敷けませんが)に何日かかかって、自衛隊が鎮圧に出動するまで何日かかかって、その間市民が沢山死んで、やっとこさ出動したはいいものの先制攻撃が出来ないから、自衛隊員が撃たれて死ぬまで待って・・・って言う、「自衛隊外敵の攻撃に対しての対応あるある」を一通りこなした後、活動開始なんでしょうが、それでもここまで攻撃できるとは思えません。

五島列島あたりがISの拠点になったとしましょう。住民は人質に取られています。ここまでやれますか?でもやらないと大変なことになりますよね。そんな状況がフィリピン政府の今です。

ISがそこまで来ている事実から目を背けちゃダメ。

 厳しい現実を直視したくないのでしょうか。ISはそこまで来ているんです。さっき例え話として五島列島云々と書きましたが、日本の離島にイスラム教徒が大挙押し寄せてコミュニティを作って、後日IS化するってことだって十分ありえます。フィリピンが証明しています。沖縄のどこかがもしマラウィ市みたいになったら?今の沖縄の地方自治を見ると、付け込まれるスキだらけで、本当にあり得る気がします。アジアへ活動の拠点をシフトしつつあるISからしたら絶好の狙い目かもしれません。

 

 よろしければ、こちらもご一読お願いします。

 

www.goodinfo.site

 

www.goodinfo.site