グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

町田市が神奈川県と勘違いされる3つの理由とは?神奈川県による実効支配は主要駅の地理的要因にアリ。

町田市が神奈川県だと勘違いされる訳。

東京でイメージの悪い区といったら、これは誰しもが足立区ということに依存はないと思います。では市ではどうでしょう。やっぱり町田市かな・・・東の足立区、西の町田市。イメージの悪い自治体の両巨頭です。

ヒップホップが盛ん、ヤミ金やチンピラっぽい人が多い、ナンパ成功率が都内トップという噂すらあります。。。

ただ、そうした悪いイメージは町田駅周辺だけです。自分は町田市出身なのでよくわかるのですが、町田はとにかく広いです。小田急線で言うと、鶴川、玉川学園前、町田の3駅が町田市ですが鶴川は田舎、玉川学園前は少しお洒落な学園都市、そして町田駅が第2の池袋的な街です。正に三者三様です。

東神奈川駅と八王子を結ぶ横浜線も町田駅を通っています。成瀬駅が町田市ですが、ここはいわゆる新興住宅地です。

電車の通っていない地域に行くと本当に田舎です。田園風景だってあるし、たぬきやイノシシも出ます。「マムシ注意」なんて看板もよく見かけます。さて、その町田市ですがなぜ神奈川県に実効支配されているなどと噂が立つのでしょうか?

sirabee.com

もちろんそんな訳はないのですが、神奈川県だと勘違いされるのに十分な理由がいくつかあります。

1. 新宿から小田急線で町田へ行くと一旦神奈川県を抜けるから。

新宿から小田急線で町田に行くと、東京を出て多摩川を渡り一旦神奈川県川崎市を通過して、また東京に入ります。

狛江(東京)→ 登戸(川崎市)〜柿生(川崎市)→ 鶴川・玉川学園前・町田(町田市)→ 相模大野(相模原市)です。

多摩川を渡って川崎市に入り、しばらくして「新百合ケ丘も、変わったなあ〜」と思ったら、すぐまた東京に入るのです。神奈川県と勘違いされても仕方ないです。

2. 町田から電車に乗るとすぐ神奈川県に出てしまうから。

町田駅から小田急線で小田原方面へ行くとすぐ隣が相模大野駅、神奈川県です。新宿方面に行くと各駅で3つ先の柿生が神奈川県。急行に乗れば1駅目が新百合ヶ丘で神奈川県です。

横浜線に乗っても同様で、八王子方面に行けば隣駅の古淵駅が神奈川県。東神奈川方面に行くと2つ目の長津田駅が神奈川県。北側以外は神奈川県なので、神奈川県による四面楚歌ならぬ、東西南の三面楚歌なのです。

3. 主要駅がどれも神奈川県との境に密接しているので、徒歩で越県、越都が可能。

地図を見ると一目瞭然ですが、町田駅からちょっと歩けば境川を超えて神奈川県。玉川学園前駅から、こどもの国に向かって歩けばすぐ神奈川県。鶴川駅に至っては県境(都堺)ギリギリなので駅を出て少し歩いたらすぐ神奈川県。などなど主要駅から神奈川県に徒歩で直ぐなんです。そりゃ神奈川感半端なく出ちゃいます。

つまり、日常使う駅が東京都でも住んでいる住所は神奈川県という神奈川県民が非常に多いのです。ひょっとしたらこれが神奈川県の実効支配を進めている一番の要因かもしれません。

町田市は神奈川県に引っかかっているフック。東京が東京湾に落ちないための滑り止め。

地図を改めて見ていただくと、町田市はあたかも神奈川県に引っかかっているようです。見ようによっては東京が左右にスライドしないようなフックの役割を果たしていると言えます。なかなかやるじゃないですか。神奈川県っぽいかもですが、町田も頑張ってるんです。J2のFC町田ゼルビアもありますし、東京都の一員だと認めてあげてくださいよ。

日本の特別地域 特別編集56 これでいいのか 東京都 町田市

日本の特別地域 特別編集56 これでいいのか 東京都 町田市

  • 作者: 地域批評シリーズ編集部,諸友大,佐藤正彦
  • 出版社/メーカー: マイクロマガジン社
  • 発売日: 2014/07/01
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る