グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

氷河から75年ぶりに発見された夫婦の遺体 自分より若い両親と対面するという人生の不思議 数奇な運命

世の中数奇な運命を辿る人がいるものです。地球上では本当に色々なことが起きるんだなあと感じます。

www.jiji.com

75年前にスイスのアルプスで行方不明になった夫婦が氷河で見つかったという話です。氷河が溶けて発見されたので、遺体の状態は良かったのだそうです。

夫は当時40歳、奥さんは37歳。放牧していた牛の様子を見に行ったのを先後に行方不明になったそうです。

自分より若い両親と対面して葬儀を行うという気持ちは?

これだけなら普通のニュースなのですが、驚くことに当時4歳だった娘さんが現在86才でご存命。想像してみてください。自分が年老いた後に、40才くらい若い両親と対面して葬儀を行うって?!映画バックトゥーザ・フューチャーで若い頃の両親に会うようなもんです。棺の中の顔を見たら、自分の両親が自分より若いんですよ。「事実は小説よりも奇なり」を地で行くニュースですね。

疑似的タイムマシーン

よくある例え話ですが、光速で飛べる宇宙船にのった乗組員が地球に帰ってきたら、地球上では何十倍もの時間が経過していて、自分の子どもや友人などが年上になっていた、って感じでもあります。

人工冬眠のようでもあります。ともかくこの非凡な体験をした娘さんのインタビューを是非読んでみたいです。

ご両親が亡くなったことはもちろん悲劇で残念な出来事ですが、この娘さんは人生の終盤に、ちょっと表現が適切ではないかもしれませんが、神様からプレゼントをもらった様な気がしているかもしれませんね。

映画にしても十分いい話になると思います。

ちょっと星新一のショートショートっぽくもあります。素敵なヒューマンドラマにも仕上げられるお話です。リアルおとぎ話として是非映像化して下さい。

なんかちょっとほっこりしたな。