グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

夏の全国高校野球 甲子園で炎天下の試合ではいつか熱中症で選手が倒れる。真夏に開催はなぜ必要?試合時間はどうして調整できないのか?

f:id:virgin9090:20170809122501p:plain

夏の高校野球 そろそろ日中の開催はやめるべき。

歳をとるにつれて高校野球がますます楽しくなってきました。なぜでしょうか。子供や孫の活躍を見る疑似体験のようなものかもしれません。あるいは、試合を通して、選手一人一人のこれまでの日々の努力や、関係者の方々のご尽力などが察せられるからかも知れません。毎年の夏の甲子園は日本の風物詩ですし、日本のスポーツ界最大のコンテンツの1つであることは間違いありません。

真夏に開催する必要はあるのか?

そんな国民的行事でもある夏の甲子園大会、何度となく話題になるのが、果たして真夏に開催する必要があるかどうかの議論です。これに関しての自分の意見は、やはり夏でないとダメだと思います。理由は以下の通りです。

  • 学生の本分は勉強。野球は遊びなので夏休みに開催すべき。
  • 日本の風物詩で伝統だから。
  • 秋季大会もある。
  • プロ野球との兼ね合い。

夏の開催に関しては、賛否分かれるところだとは思いますが、概ね上記の理由は共感していただけるのではないかと思っています。

では昔と気候が変わった今、真昼間の炎天下に開催するのはどうなのか?

ただ昔と比べ日本の気候も変わりました。熱中症の危険がある真夏の真昼間に対戦しないといけないのでしょうか。そろそろ試合開始時間は見直しても良いのではないかと思います。

もちろん選手の意見も重要です。死ぬ程の練習を昼夜問わず続けてきたのでしょうから、一般人とは違います。そう易々と熱中症なんかにはならないと思います。夏の甲子園らしく真夏の日中にプレーしたいと思う球児が大半だと思います。でも甲子園は試合間隔が短く選手、特にピッチャーには非常に負担がかかります。本来の実力を発揮できるようにせめて気温の条件くらいは調整してあげても良いのではないでしょうか。

熱中症の危険があるときはスポーツしちゃいけないんじゃないの?

最近は熱中症情報がスマホにプッシュ通知で届きますよね。以下の画像にありますが、

f:id:virgin9090:20170809122640j:image

「運動は中止しよう」とあります。熱中症の危険があるから運動はやめましょうと注意喚起をしつつ、その一方で灼熱の炎天下で甲子園大会が行われていると言う矛盾がおかしいと思うのです。このダブルスタンダードは教育上も良くありません「高校野球だってあんな炎天下でやってるだろ!」って怒られつつ、熱中症の危険を冒して練習させられる子供の姿が浮かんでしまいます。

実際夏の甲子園大会でいつ選手が熱中症になってもおかしくありません。これは想定できるリスクです。1日最大3試合にして、第1試合開始は15:00などにする調整は不可能なのでしょうか。あるいは朝8:00から1試合行って、2試合目以降は15:00からと言うのもアリだと思います。ともかく一番暑い日中は避けるべきではないでしょうか?

開催時間の調整ができない理由は?

なぜ開催時間の調整ができないのでしょうか?雨天順延や延長戦などを考えると、1日フルで使う必要があるというのは理解できます。でも勝ち抜きのトーナメント方式なんですから、せめて準決勝や決勝は夕方だって良いでしょう。連戦の疲労も溜まっている訳ですし。

開催時間の調整ができない理由を想像すると、

  1. 照明等の電気代
  2. 応援団の移動・宿泊の問題
  3. TVの放映時間の問題
  4. 真夏の太陽・汗、と言った風情が失くなる

4以外は大人の事情です。解決できないはずがありません。

何か起きてからでは遅い。

日本は何につけてもそうですが、変化を好まず、実際に問題が発生しないとこれまでのやり方を変えない傾向があります。甲子園の夏の大会でも、亡くなる選手が出るまで熱中症対策を検討しないのでしょうか。

国民的スポーツコンテンツです。そろそろちゃんと議論したほうがいいんじゃないですかね。