グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

韓国 外国人観光客減少 連続100万人割れ 訪日観光客数の40%も?朝鮮戦争休戦中、北朝鮮のICMB核・ミサイル実験で緊張が高まっている国になぜ?

f:id:virgin9090:20170726194625j:image

今 韓国に観光なんて行きたくないし、タダでも遠慮いたします。お金をもらったって嫌です。だって危険じゃないですか。

news.livedoor.com

韓国を訪れた外国人観光客、2ヶ月連続100万人割れ

韓国を訪れた外国人観光客は、5月に続き6月も100万人に届かなかったそうです。

「そりゃ当然だろ」って思う反面「まだそんなにいるんだ」って気がします。これでも十分多いでしょう。韓国が観光地としてどうこうと言う問題ではなく、現在北朝鮮と「休戦中」の国ですよ。それに加えて昨今の度重なるICBM 核・ミサイル実験を目の当たりにして、なぜその直下の国に遊びに行きたくなるのか?理由がさっぱりわかりません。南北の国境にはいつでもソウルを火の海にできるように北の重火器がズラリと並んでいるんでしょ?ここ何十年で一番緊張感が高まっているタイミングの観光なんて余りにリスキー過ぎます。

北朝鮮有事の際、日本人観光客はどう逃げるのか?自衛隊の活動は困難を極める。

日本からの韓国への観光者数はわかりませんが、全体のうちのかなりのポーションを占めていると思われます。知ってるのか知らないのか、もし戦争が始まったら、日本人は助かる術さえ無いんです。韓国は自衛隊の受け入れ、すんなりOKしてくれるとは思えませんから。どうやって火の海になるかもしれないソウルから逃げるつもりなんでしょうか?お客さんだからシェルターにかくまってくれるとでも?有事にそんなホスピタリティ韓国でなくたって期待できないし、あり得ないでしょう。

abematimes.com

そんな状況でいまだに訪日観光客数の40%もいるなんて、不思議でならない。

ちなみに日本はと言うと、先月6月が前年同月比18.2%増の234万7千人だそうです。

http://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/170719_monthly.pdf

JNTO 日本政府観光局 Press Release
数字だけ見れば日本は単純に韓国の倍以上ですが、逆に言うと「それでもいまだに」訪日観光客数の4割近くの人数が韓国を訪れていることになります。驚きです。リスクを冒してまでの魅力溢れる国なのでしょうか。

津波は予期できなかったかも知れません。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASJBS72GZJBSUNHB018.html

東日本大震災の津波で小学生と教職員が犠牲になった石巻市立大川小学校の悲劇。裁判になって争点は「津波の到達が予見できたか?」でした。原告勝訴の後、現在双方が控訴中です。

1000年に一度の大津波です、僕は予見は不可能だったと思いますが、子供を亡くした親の立場であれば逆の考えになると思います。

修学旅行に行って戦争が始まり命を落としたら?津波と違って確実に「事前に」予期できるリスクです。

仮に今、韓国へ修学旅行をする学校があったとして、滞在中に不幸にも戦争が始まって生徒や教職員が、命を落としたとしたら?これ津波のような自然災害とは話の次元が違います。「確実に事前に予測できる範囲のリスク」です。「何でわざわざここ数十年で最も緊張の高まってる韓国に修学旅行を決めたのか?」と、僕なら激昂します。

韓国料理は美味しけど、大久保で食べればいいんじゃ?

本場のサムゲタンは安くて美味しいし、ソルロンタンとかも絶品。女性には安い化粧品が魅力的で、ヨモギサウナなどのエステ等、行きたくなる気持ちは分からなくもありません。でも、自分の子供がもし韓国に旅行に行きたいと言いだしても、絶対に許可しません。親として当然だと思います。

渡航禁止は行き過ぎかもですが、外務省による注意喚起のレベルはもっと上げるべきだと思いますよ。