グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

小池さんに都政と国政の二刀流は無理 賞味期限切れで都議会では都民ファ叩きが解禁 党代表も危うい。

希望の党 小池さんが勝手に転んで自滅。自民圧勝に寄与。

それにしても今回の衆院選、小池さんの希望の党の戦略ミスで自民党に勝ちが転がり込んで来たのも事実です。様々な戦略ミスと「リベラル排除」失言の合わせ技は強力すぎました。

希望の党主導の政権交代はあり得た。悪夢だけど。

考えても見て下さい。選挙の最終結果としては立憲民主党と希望の党で105議席です。今回のゴタゴタ、つまり「リベラルは排除します」発言が無ければ立憲民主党も生まれず、希望の党結党時の勢いで150くらいは獲得できたかもしれません。小池さん出馬ならさらなる加算もあり得ました。そしてもちろん共産党の候補者取り下げもなかった訳ですから、反自民野党連合で過半数とはいかなくとも200くらいは行けたかもしれません。希望の党と共産党で連立はできないでしょうが、松井一郎知事、愛知県の大村秀章知事と合意したいわゆる三都物語がうまく機能していたら、政権交代もあり得ました。しかしこれで小池さんの国政への進出は数年は無理になりましたね。

希望の党の党首は続投?

小池さんは続投して国政と都政に関わっていきたいようですが、そううまく行くでしょうか?現実的には党運営は民進党出身議員でしょうし、小池さんはの不満が収まらなければ極端な話、離党して立憲民主党へ流れる可能性だってあります。人気も落ちて党の顔としてのバリューが落ちた中、宣伝塔にしておく意味はありません。

都議会はどうなる?

小池さん人気の陰りの影響は都議会にも及びます。都民ファ叩き解禁です。賞味期限切れの小池さんを池に落ちた犬を叩くように公然と辛辣な批判が始まると思います。これまでは都民ファの勢いと人気に遠慮して及び腰だった自民党都議が様々な追及を始めるでしょう。

二刀流はダルビッシュくらいでないと。

日本人は1つのことに一生懸命な姿が好きで二兎を追うものを好みません。、あのダルビッシュでさえ最初は批判的な意見が多かったのですから、超超一流でないと支持されません。ましてや政治家の実務能力としては二流の小池さんに都政と国政の二足のわらじは無理だったんです。 

リコールは起きるのか?

都知事のリコールは起きるのでしょうか。でも税金の無駄だし、代わりに良い人が出てくるわけでもなし、オリンピックや築地移転問題が停滞するだけですよね。

それにしても猪瀬さんや舛添さんで全然良かったのに、なぜ都民ファみたいな新興宗教みたいな経験ゼロの新進政党ブームが好きなんでしょうね。病気になったら医者にかかるように、政治はプロに任せないと。目新しさで選択した結果がどうなるか、これまで嫌という程見て来たじゃないですか。