グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

希望の党が躍進しない5つの理由 新進政党の台頭は国会運営の混乱を招く 国難突破は現体制で

衆院選、どんな結果になるんでしょうね。

選挙の公示が近づいてきて、メディアの偏向報道がなぜか静かになった印象ですが、実は公職選挙法で人気投票の公開の禁止など様々な規制があるのです。さすがの反政府地上波も仕方なく安倍さんの映像をしっかり流しています。

さて、なんと言っても注目は希望の党がどこまで票を伸ばすかですよね。しかし党立ち上げのインパクトは凄まじかったですが、日に日に批判が巻き起こり大躍進とはならない雰囲気になってきました。選挙は雰囲気と風向きってとても大事です。

そこで希望の党が躍進しない5つの理由を挙げてみます。

1. 排除は寛容と相容れない

小池さんは民進党議員を選別する際「排除」と言う、リベラルに嫌悪感を示す露骨な言葉を使っちゃいましたね。これ日本人が一番不快感を覚えるパターンです。

www.sankei.com

これまで小池さんは発言の内容はどぎつくても言葉使いは温厚そのものでした。「排除」なんてエクストリームな言い方を何故してしまったのか後悔しているはずです。男女差別と批判されるかもですが、ヒラリーさんが選挙に負けたのも女性っぽくない言葉遣いです。蓮舫さんみたいです。個人的にはもし希望の党が惨敗したら原因はここだと思います。「寛容な保守政党」なんて言葉はまるで当てはまりません。

2. 踏み絵の強要

誓約書の内容が奴隷的でブラック過ぎます。

www.sankei.com

性奴隷ならぬ政奴隷の強要です。

  1. 党綱領を支持し「寛容な改革保守政党」を目指す
  2. 安保法制は憲法に則り適切に運用。不断の見直しを行い現実的な安保政策を支持
  3. 税金の有効活用(ワイズ・スペンディング)の徹底
  4. 憲法改正支持
  5. 消費税10%への引き上げ凍結容認
  6. 外国人への地方参政権付与反対
  7. 政党支部の企業団体献金禁止
  8. 党の公約順守
  9. 党への資金提供
  10. 希望の党が選挙協力する政党への批判禁止

ワイズスペンディング。。。しかしこれってロボトミー議員になれって事でしょうか。どれもどうかと思いますが、憲法改正支持って具体的な内容もなく白紙委任状を出せって事ですか。これブラック過ぎでしょう。黙ってハンを押す殆どの民進党議員もどうかしていると思いますが。しかしなぜ原発ゼロが入っていないのでしょうか。

3. メディアの支持を得られていない。

偏向報道禁止期間とは関係なく、メディアが希望の党を諸手を挙げて推すことは無さそうな感じです。そもそもイデオロギー的には現政権の対抗勢力ではありません。見ようによっては安倍さんより全然過激な右寄りですし、都政を蔑ろにしているのも問題です。さすがに応援しないでしょう。

4. 立憲民主党の誕生

勢力としては小さいですが、面子は濃いキャラばかり。

立憲民主党のTwitter、10万フォロワーを突破 一方「希望の党」は…【UPDATE】

ツイッターのフォロワー数が全てではないですがリベラル層の一定の受け皿にはなるので同じく新生党の希望の党には悪い材料です。

5. 小池さんの不出馬

なによりこれが希望の党が圧勝できると思っていない証拠です。小池さんは絶対に大躍進するとの確証がないと出てこないでしょう。以前以下にも書きましたが、

www.goodinfo.site

小池さんは、それこそ戦勝して凱旋パレードをするくらいでないと絶対に出てきません。都政を投げ打って国政に乗り出すのは圧勝の時だけです。
今回の衆院選に仮に惨敗したら「今後は代表は若狭さんにお任せして、私は都政に専念します」と一歩引くでしょうし、もし圧勝したら「都知事と国政の両面から日本と東京とを良くして行きます。これを私は二刀流と呼んでいるんですけどね」とか言って代表になって美味しいところを持って行きます。小池ファーストですから。

新進政党の台頭は間違いなく国会運営の混乱を招きますし、希望の党は恐らく小池さん手法でこれまでに決まった件の見直しばかりを提案して、再検討してお得意のロードマップを示して、時間をかけ、結果最初と同じ、みたいなことしかしないでしょうから、時間と経費の無駄しか生み出さない気がするんですよね。

国難突破は現体制でお願いしたいです。