グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

騙されたと思って鰹節削り器を買って、削りたて鰹節ご飯を食べよう!

写真は我が家の鰹節削り器です。

f:id:virgin9090:20170513164701j:plain

もうかれこれ20年くらい使っています。たまにカンナみたいな刃の部分を包丁研ぎさんにお願いして研いでもらいます。

今時のご家庭には鰹節を削る習慣、無いみたいですね。勿体無いです。

昨今のご家庭には驚いたことに鰹節削り器が無いらしいですね。鰹節削り器、これ絶対あったほうが良いですよ。日本人に生まれて鰹節を削らずに一生を終えるのは全く持って人生を無駄にしていると思います。勿体無いです。

世の中卵かけごはんをTKGと称してこだわる人が多いみたいですけど、削りたての鰹節ご飯は永遠の好敵手だと思います。シンプルで美味という点では甲乙付け難いです。

鰹節削り器も鰹節も決して高いものではありません。

鰹節削り器さえ購入してしまえば、コストの麺ではおそらく卵かけご飯より安いと来たら、これはもう即日Amazonでポチる以外の選択肢は無いと言っても良いでしょう。鰹節本体だって1本2,000円もしないですし。卵かけご飯は一杯につき最低卵1個分のコストがかかりますが、鰹節1本で何杯鰹節ご飯が出来るか?想像がつきません。

時は金なり、善は急げ、一生は短い・・・これからの残りの人生を「真空パック鰹節ご飯」で無難に過ごすのか、「削りたて鰹節ご飯」でバラ色に変えるのか、それはもうアナタ次第です。

大げさだけど、鰹節を削ることで確実に劇的に食生活が豊かになるのは間違いありません。鰹節は出汁を取るために使うことが多いですが、いきなり出汁ではハードルが高いから、鰹節ご飯を「ダシ」にしてポチらせようという魂胆なのです。ハイ、下にAmazon貼っておきますよ。

パール金属 鰹節 削り器 中 味一番 日本製 H-5046

パール金属 鰹節 削り器 中 味一番 日本製 H-5046

 

鰹節の選び方、削り方は最初は自己流で良いと思います。 とにかくまずは削る習慣を付けることです。

鰹節削り器や鰹節の選び方、削り方はインターネット時代であるので、どこかの誰かにおまかせするとしますが、とにかく重要なのは安かろうが何だろうが、鰹節削り機と鰹節を買って、実際に削ってみることです。後悔先に立たずといますが、買って絶対後悔しないと断言します。

鰹節ご飯を作る手順ですが。

  1. 鰹節を削る
  2. 温かいご飯を茶碗に盛る
  3. 鰹節をふりかける
  4. 鰹節が湯気で踊って香りが立ち込めるのを楽しむ
  5. 醤油を回しかける
  6. 豪快にかっ込む

もはや料理と言えないほどシンプルな鰹節ご飯ですけど、TKGだって一緒です。

これだけだと何だか鰹節消費振興会(存在するか知りません)の回し者のようなので、いくつかバリエーションを記しておきます。削った鰹節に梅肉、オクラ、ミョウガ、焼き海苔などを刻んで混ぜてもとても美味しいです。

ちなみに同じく大好きなライバルのTKGですが、僕の好みは奥久慈の軍鶏の卵を生醤油でいただく一杯です。奥久慈軍鶏の話はまた今度!