グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

あの柿ピーが宇宙食に!亀田の柿の種が宇宙日本食としてJAXAから認証!国際宇宙ステーションでおやつの時間に各国の宇宙飛行士に配られる日も近い?

日本の宇宙飛行士が宇宙で食べられるおやつとして開発された「亀田の柿の種」、いわるる柿ピーが2017年8月7日(月)JAXAに「宇宙日本食」として認証されたのだそうです。パチパチ!!!柿ピーが宇宙に!

www.nikkei.com

気になる開発の流れは以下の通りです。

  • 2014年 宇宙日本食にすべく開発開始。
  • 2016年「亀田の柿の種」発売50周年の節目の挑戦として「亀田の柿の種」宇宙日本食認証が社内で正式プロジェクトとなる。
  • 2017年 亀田製菓設立60周年の年に見事宇宙日本食の認証を獲得!

何と研究・開発に3年!おめでとうございます。国際宇宙ステーションでのおやつタイムに、世界各国の宇宙飛行士に柿ピーが配られる日がもうすぐ来るんでしょうか?何だかとてもほっこりしますね。是非そのシーンをCMにして欲しいです。日本のお菓子が繋ぐ世界の輪です。

ところで宇宙日本食って?

以下プレスリリースよりの引用です。

国際宇宙ステーション(ISS)に長期間滞在する日本の宇宙飛行士に、日本食の味と食感を楽しんでもらうことで仕事の効率維持や向上につながることを目的にした宇宙食です。食品メーカーが提案する食品をJAXAが審査し、宇宙食としての基準を満たした食品が、「宇宙日本食」として認証されます。日本の伝統的な和食に限定せず、米飯や麺類、カレー、魚料理、飲料、菓子類などが認証を取得しています。

なるほど。。。海外遠征するスポーツ選手が「おにぎり食べないと力が出ないんです」などと訴えるように、宇宙飛行士さんだって同じなんですね。やっぱり日本人はどこに行っても日本食がないと本来の力が発揮できないってことですよね、それが宇宙空間でも。なんだかとても微笑ましいです。

JAXAによる「認証された宇宙日本食」一覧。

iss.jaxa.jp

想像通り、おにぎりやカレー、ラーメンがあります。ここに載ったら日本人の国民食として認定ですね。13社29品目の詳細はリンクをご覧いただくとして、この中に柿ピーってのはかなりのインパクト、異彩を放っている感じです。だって唯一の酒のツマミじゃないですか。まあサバの味噌煮だってそうかもですが、ビールとか欲しくなって逆に困ったりしないかな。。。宇宙飛行士さんにそんな心配は無用か。

商品スペック!

以下同じくプレスリリースより。

  • 品名(和文/英文)】米菓(柿の種ピーナッツ入り)/Rice Crackers(Kakinotane with peanuts
  • 【賞味期間】1年6か月
  • 【内容量】合計35.0g(柿の種とピーナッツは約6:4)
  • 【内容物】市販されている「亀田の柿の種」と原料・製法は同じ。(一部使用設備が異なる。)
  • 【包材】宇宙日本食の「亀田の柿の種」は90mm×90mm×40mmのトレーに入っています。トレーの蓋と外側底面にベルクロがついており、繰り返し蓋を開閉したり、固定された場所にくっつけることができるようにするなど、無重力の宇宙でも飛び散ることなく食べられるよう工夫しました。
  • 【今後について】日本人宇宙飛行士とともに、宇宙日本食に認定された「亀田の柿の種」が宇宙に行くことを目指します。

英語で「カキノタネ ウィズ ピーナッツ」かw。。。柿の種そのものは市販品と同じと言うことなので、パッケージに一番苦労されたようですね。無重力状態でのテストはどう行ったのでしょう?興味は尽きません。

残念ながらこの宇宙日本食バージョンは市販されないようなので、夜に月でも見ながら市販品を食べつつ国際宇宙ステーションに思いを馳せましょう。宇宙に羽ばたく日本食、素晴らしいです。

亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 200g×6袋

亀田製菓 亀田の柿の種6袋詰 200g×6袋