グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

アフガニスタン カブールで大規模な自爆テロ 救急車を使った卑劣な犯行 タリバンが犯行声明 平穏な世界は今年もやって来ないのか。

救急車を使った自爆テロ

なんだか中東が再びきな臭くなって来ました。

2018/01/27、アフガニスタンの首都カブールで自爆テロです。これまでに何と95人の死者が出ており、怪我人は158名にも登っています。英語のニュースでdeath tollって見ると「またテロか」って気分になり、やるせないです。多くの怪我人が重傷で、死者の数はさらに増えると報じられています。

www.bbc.com

今年になってタリバンのテロが頻発

アフガニスタンで今年最大の死傷者となったテロ事件です。手口がこれまた非人道的で、救急車に爆薬を満載して、「急患を搬送中です」と言ってセキュリティチェックを通過したとのこと。そして、次のセキュリティチェックでIDチェックされて自爆したのだそうです。現場は大使館や政府関連施設、病院やショッピングエリアもあるchicken street という場所で、一説には内務省のビルがターゲットだったと言われています。

タリバンは先週20日にもカブールの高級ホテル「インターコンチネンタル・カブール」を襲撃して22名の死者を出しています。

そして知らなかったのですが24には、アフガニスタン東部ジャララバードで慈善団体のセーブ・ザ・チルドレンの事務所が襲撃されていました。少なくとも2人が死亡、12人が負傷。なぜそんな政治的に無関係な施設を狙うのでしょうか。

www.bbc.com

アメリカがタリバンを一掃したと思ったのは全くの幻想で、一旦内乱が起こったら力で制圧しても完全な収束には至らないんだなあと改めて感じますね。

救急車を使ったり、慈善団体の施設やホテルなどソフトターゲットがいる場所を標的にするなど、テロがなりふり構わなくなって来ているなという印象を受けます。軍や警察を狙うのではなく一般市民を殺害することで恐怖感を与え社会を混乱させようとする意図が感じられます。嫌だなあ・・・

テロが増加傾向に?

テロが頻発すると更なるテロが発生します。報復だってあるでしょう。ISがほぼ掃討されて去年の今頃と比べると世界的に大分テロは減った感がありますが、ただ、昨今のアフガニスタン情勢を見ると何だか嫌な予感がします。まあ日本にとっては北朝鮮のテロ的ミサイル実験が継続していますから、全然安心できないんですけど。

今年こそ平穏な世界になって欲しいのに・・・

やっぱりオリンピック後が心配ですね。今年一年が平穏か激動かどうかを占うような気がします。テロもそうですし、北朝鮮情勢も。

年々物事がエスカレートしている気がします。政治、経済と言った真面目なものから、どうでもいい不倫報道まで、あらゆるジャンルでエクストリーム化を感じます。初詣で「今年は平穏に暮らせますように」ってお願いするのですが、実はそれが神様からしたら一番難易度の高いリクエストなのかもしれませんね。