グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

中国の人権問題の追及を止めたらダメ なぜアメリカは中国に弱腰?人権問題とバーターで北朝鮮への圧力を引き出すべき

アメリカは北朝鮮のミサイルの性能を信じたくない?

北朝鮮が発射したICBMの弾頭部分が宇宙から大気圏に再突入した際、摩擦熱で破壊されたとのことで、再突入技術がをまだ完成していないとのこと。

www.daily.co.jp

何だかアメリカは「超えてはならないレッドライン」を韓国がサッカーでゴールポストを動かすかの様に、遠く遠くにずらしていますよね。北朝鮮の核・ミサイル能力を過小評価して、その場をしのいでいるだけに見えます。

散々メンツを潰されてきたのにアメリカらしくないですね。もっとも現実的には戦争が始まったらソウルは火の海になり、日本にも被害が出るわけですから軽々に武力行使を決断できません。何かの拍子で「北朝鮮撃つべし」の声がアメリカ国内で上がったらトランプさんは相当難しい選択をしなければなりません。

それにしてもアメリカの対中国政策は大丈夫か?

手詰まりとなった北朝鮮への対応。現実的には頼みの綱は中国です。その中国に強烈に圧力をかける必要のある今、なぜかトランプさんは弱腰です。不思議でなりません。

ノーベル平和賞受賞者 劉暁波さん問題をスルー

この件トランプさんは、ほぼスルー。奥さんは事実上軟禁状態なのに中国に抗議したという話は聞きません。自由と人権を守るのはアメリカの一丁目一番地の揺るがぬポリシーじゃないのでしょうか?海外での治療を許さないと報道された時点で、トランプさんは徹底的に習近平さんに抗議すべきでした。西側諸国で連携して非難し続ければ、バーターで北朝鮮への圧力を引き出せたかもしれませんし。

m.huffpost.com

アメリカは一体どうしちゃったんでしょうね。

wedge.ismedia.jp

民主主義の旗振り役は辞めたのか?

オットーワームビアさんが北朝鮮から釈放直後に死亡した事件を目の当たりにしても、自由と人権をが一番の価値観であるアメリカ政府と国民が全然動かないのはなぜなんでしょうか?民主主義の旗振り役は辞めたんでしょうか。

人権問題をおろそかにするとヤバイ

色々な問題が米中間に山積みなのは分かります。、北朝鮮、貿易不均衡、南シナ海、台湾などなど。でもそれらと同列に人権問題も取り上げないと中国の思うつぼです。中国にや北朝鮮に限らず、世界中の人権問題を追及できなくなってしまいます。中国に「何でうちだけ非難すんの?」って突っ込まれたら困るでしょう?

日本はだらし無さ過ぎる

 自由、人権、民主主義の主張は反論できない無敵の鉾なんですから、中国に強く主張すべきです。安倍さんはトランプさん説得して今からでも遅くないので劉暁波さんの奥さんの軟禁を解くよう日米で求めて行くべきだと思います。

日米に限らずですが、経済を優先するあまり、中国の人権問題に及び腰になって追及を辞めたら、中国に「あ、人権問題はもう言ってこないんだ、やった!」って思われます。そしたらみすみす外交カード何枚も捨てたのと同じですよ。

人権問題の追及とバーターで北朝鮮への圧力を引き出すのは良いアイデアだと思うのですが。