グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

干し椎茸は自分で干した方が安くてお得。雨の心配なら裏技が。

え!干し椎茸高すぎ!

食材で何が不当に高いかって言えば、真っ先に思い浮かぶのが干し椎茸。キノコを干しただけなのにスーパーで安いのを探しても一パック千円近くしますよね。

確かに大ぶりのドンコをカラカラにまで乾かすのには手間も原材料費もかかるのはわかります。でも、やっぱり干しただけじゃん。。。肉厚な贈答品のような高級干し椎茸でなく、普段使いできる丁度良い価格帯のものがなかなか見つからないのです。何度も言いますが「干しただけじゃん」。

無い物は作るに限る。

こと食に関しては自分のポリシーとして「無い物は作る」ってのがあります。今までなぜトライしなかったのが不思議ですが、椎茸を干して自作してみることにしました。

でも白状すると、ホントのきっかけは関東地方で梅雨が6月に開けちゃったことなんです。毎年梅干しを作ってるんですが、もう干せるってどんな異常気象よ?土用干しって言うくらいで普通は7月下旬なのに。あ、梅干しを漬け始めてかれこれ10年以上ですが、これもきっかけは近所で売っていた漬物屋さんが店をたたんでしまい、そこで売っていた塩だけで漬けた酸っぱく塩辛い梅干しが手に入らなくなったからです。

早速干そう!

さて、こうまで来たら善は急げでスーパーで手頃な椎茸を購入。初めてなので失敗しても諦められるくらいの徳用品です。

まずは干物ネットを引っ張り出して炎天下に椎茸を丸のままで干します。

f:id:virgin9090:20180705150541j:image

土日の二日間干したんですが、十分乾ききりませんでした。洗濯物と同じで休みの日は天気を見ていられますが、平日だと無理なので干しっぱなしには出来ません。そこで裏技を考え出しました。車のフロントガラスの内側に干すんです。これなら雨が降っても大丈夫。喫煙車や車の匂いが気になると厳しいですが、幸い僕の場合うまくいきました。

そうして3日間天日干しにした状態がこちらです。カラカラです。成功かな?

完成です!

f:id:virgin9090:20180709004122j:image

でも問題は戻した後の味ですよね。早速試して見ます。水に浸けます。一晩置いてスライスして試食してみます。

うん、市販品と全く遜色の無い味に仕上がっています。この量で原価600円ですから絶対自作がお得です。旅行に行った時に道の駅などでもっと大ぶりな椎茸を手に入れて、この夏は大量に作って保存しておきたいと思います。

干し椎茸のレシピはピェンロー鍋に限る。

あとはどんどん活用するだけ。普段は勿体無いので遠慮がちにケチケチ使っていましてが、もう気兼ねする必要はありません。干し椎茸を使ったレシピはいくらもありますが、僕が一番好きで且つ干し椎茸の量を消費するのはピェンロー鍋です。

これは干し椎茸が主役といっても過言では無い程の鍋です。以下dancyuのレシピが一番オリジナルに近くて間違いがありません。夏にはちょっと向きませんが、何、秋冬までに大量に干し椎茸を作って備えておけば良いんです。

https://www.dancyu.com/user/collection/362

他にも炊き込みご飯によし、おでんに入れてよし、滷肉飯(ルーロー飯)によし、タンメンの具によし、などなど使用用途は無限大です。

日本の夏は暑くて大変ですが、晴れの日は絶好の干し椎茸日和と考えて乗り切っていくのもアリですよ。炎天下が楽しみになって来ますから。最後になりますが西日本の大雨で被害に遭われた方々には本当にお見舞い申し上げます。