グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

韓国がヒトラーからもらった月桂樹、通称「ヒトラーの木」「ヒットラーの月桂樹」を日本の合法的な統治をナチスと結びつけるために育て続けている事実。安定の際立つ異常性。

韓国のソウルにある公園ではヒットラーからもらった月桂樹の木が80年も育てられています。常識を疑います。

不勉強にして知らなかったのですが、韓国はヒトラーからもらった月桂樹を80年も大切に栽培しているのですね。

詳しい経緯は以下のサイトで良くわかります。

blog.livedoor.jp

ざっくり言うと;

  • 1936年のナチスのプロパガンダとして有名なベルリン・オリンピックで朝鮮半島出身の日本選手である孫基禎選手がマラソンで優勝。アジア人初の快挙。
  • 当時の新聞がユニフォームの日の丸を塗りつぶして報道。(以下のサイトに画像があります。)

植民地時代の五輪金メダリスト像、太極旗に変えて再現 | アルニダデスブログ

  • 記念品としてヒトラーから直々に月桂樹の木の苗をもらう。
  • 月桂樹は凱旋後、孫選手の出身校の校庭に植樹された。
  • 現在その校庭は孫基禎体育公園として整備され、ヒトラーの月桂樹も樹齢80年以上。巨木となって民族の誇りとしてソウル市民に愛されている。(以下のサイトに月桂樹の画像があります。)

fun.jjang0u.com

ちなみにこの公園です。

ストリートビューは無かったので場所が特定できませんが、ご参考まで。

日本の合法的な統治をナチスと結びつけるためにヒットラーの木を育て続けている事実。安定の際立つ異常性。

それにしても日本の合法的な統治をナチスと結びつけるためにヒトラーからもらった月桂樹を「民族の誇り」として保全し続けるって、毎度の話ですが普通の感覚ではありませんね、異常です。

サイモン・ヴィーゼンタール・センターの方々が知ったらどうなるでしょうか?韓国の首都ソウルではヒトラーからもらった月桂樹がいまだに大切に育てられているということを。通報したほうが良いかもですね。よくこれまで伐採テロに遭わなかったのか不思議でなりません。やっぱ誰か通報してください~

ちなみにベルリンオリンピックについては以下の記録映画「民族の祭典」をご覧になるのをオススメいたします。

民族の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

民族の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

 

しかし韓国の闇って掘れば掘るほど出てくるなあ・・・