グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

新ひも理論 紐状のものはなぜ自然にこんがらがったり結び目が出来たりするのか?紐の本能が原因?

紐状のものはなぜ自然にこんがらがったり結び目が出来たりするのか?

ひも理論について考えてみます。あ、物理の「ひも理論」ではありません。そっちにご興味がございましたら以下のヤフー知恵袋が超わかりやすかったのでご一読を。

m.chiebukuro.yahoo.co.jp

僕の「ひも理論」は充電コードやイヤフォンなど、あらゆる紐状のものはなぜ自然にこんがらがったり結び目ができるのかという疑問です。なにか法則や理論がある様な気がしてなりません。

そこで少し調べてみるとこんなワードが出てきました。

  1. エントローピー増大の法則
  2. エルゴートの仮説

わかんないよー。1はあまり正しい例えではないらしいんですが、「物事は秩序だった状態から無秩序の状態に進む」みたいな話で、まあ紐に結び目ができたりこんがらかる理屈にはなるのかもですが、具体性に欠けます。

2に関してはぼくの「ひも理論」にどう関係するのかは全く理解できません。高校でもうちょっと物理を勉強すべきだったと今更後悔です。

原因究明が無理そうなので、自分だけで納得することに。

たぶん物理学的に解明は無理そうですから、自分の中だけで通用する理屈で納得することにしました。 疑問や悩みをそのまま曖昧にしない「マイ生き抜く知恵」です。

紐の本能。紐は結ばれたいしこんがらがりたい。

おそらく紐には本能があります。ひも状に生まれたんだから、糸は服になりたいし、ロープはつながれたいしつなぎたい訳です。結んだり結ばれたりしてこそ初めてひも冥利に尽きると思っているのではないでしょうか。

だからイヤフォンやコードなど結び目が出来てはいけないひも状の製品は紐の摂理に反しているんです、きっと。だから放っておくと結び目が出来たりこんがらがったりするんです。やっぱり紐の本能に反しているんですよ。

紐である必要がないものはワイヤレス・コードレス化して行く。

だからイヤフォンはコードレス化しつつありますし、ケーブル類も無線LANに取って代わられたり、ワイヤレス充電だって登場しています。結んだり縛ったりしない紐としての役目を果たさない紐状のものは消えて行くんです、きっと。

じゃあ海底ケーブルは?電線は?など全く隙だらけの理屈ですね。わかってます。でも紐には何となく本能がありそうじゃないですか?

釘に生まれたら打たれたいだろうし、ネジに生まれたらナットと一緒に締められたいはずです。

「そうそう!私もそう思ってたのよ」って共感してくれる女性がタイプです。よろしくお願いします。