グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

ハクビシンとネズミが天井裏に住み着きそうになった体験談。退治&駆除への道のり Part1

天井裏を徘徊する謎の動物の音で深夜眼が覚める

まさか自宅の天井裏にハクビシンとネズミが入り込むとは思わなかった・・・

前兆はあった・・・

今思い起こしてみれば前兆はあったんです、天井裏に何かいるんじゃないかって。深夜に天井裏を何かが走り回っているような音が何度か聴こえて目が覚めたのですが、我が家には2匹の猫がいるので、ずっとその猫たちが走り回る音だと思っていました。家猫の仕業じゃないと確信したのは、つい先日2匹の猫が目の前にいるのに天井で小動物が走る音がした時でした。でもその時はネズミくらいに思っていました。

明らかに猫やネズミと違う謎の鳴き声が・・・

ところがある日、明らかにネズミではない大型の動物が走る音がしたのです。天井を爪でかきむしる音も猫やネズミのそれではなく、しかも今まで聴いたことのないような「キュイキュイ」というカタカナにすると可愛いですが、実際に耳にすると不気味以外の何物でもない鳴き声でした。

一体どこから天井に侵入するんだろうか・・・家の周辺を調べてみると軒下に潜れる箇所があったので、そこに大きめな石をいくつか置いて様子を見ることにしました。

その翌日、石を確認してみると動かされた跡があり、これは何らかの動物が侵入しているなと確信を得ました。

最初は「そのうちいなくなってくれないかなあ」と思って放置していたのですが、深夜うるさいし、ネットを調べてみると天井裏に糞が残って衛生上悪いらしいので、さすがに怖くなって駆除の業者を探し、まずはチェックしてもらうことにしました。

業者チェック後の驚愕の結果・・・

数日後・・・

業者の方がいらして、会うなり開口一番「この区は最近ハクビシンが出るんですよね」とのこと。まず最初に風呂場から天井裏をチェック。現代住宅は殆どの場合天井裏をチェックするにはお風呂場しか無いんだそうです。 そして家の周囲を確認。すぐに「ハクビシンとネズミですね、ハクビシンは以前から、ネズミは最近入り込んだみたいですね」との結論。

ちなみに入り口は4箇所もあって、石を置いた軒下へ潜り込める場所以外に、エアコンのダクトなど。ちなみに放って置くとどうなるかというと・・・

  • ハクビシンは巣を作るので、家族で住まわれる場合がある。
  • 巣でなくても「別荘(!)」として利用される。
  • 衛生に悪い、感染症の可能性も。
  • 最悪の場合、長期間放置すると糞の重みで天井が落ちることも!

阿鼻叫喚の地獄絵図です。これはもうなんとかするしかありません。

どうやって駆除するのか?

見積もりをとってもらいました。お値段約25万円・・・大出費ですが仕方ありません。でも説明を聞くと納得の額でした。以下、駆除・消毒の流れをご説明します。

まず天井に小さい穴を開けて毒ガスのようなものを注入して居着いているネズミやハクビシンを外に追い出します。追い出したのが確認できたら、天井を消毒します。そして出入り口を全部塞ぎます。そして3ヶ月の経過観察が付いています。その間何かあっても追加料金はかかりません。 

さあいよいよドキドキの駆除作戦開始です。続きはこちら!

www.goodinfo.site