グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

G20を伝えないNHKのニュースって?国際ニュース報道 少な過ぎ

f:id:virgin9090:20170710103656j:image

今日(7月9日(日))お昼のNHKのニュースを見たのですが、放送時間10分間の内容は順番に以下の通り。

  • 九州の記録的な豪雨について
  • 暑さと熱中症対策について
  • 若狭衆議院議員が都民ファーストの会の国政政党を年内に設立するとの発言
  • 日本企業の海外企業買収が上半期過去最高となった件

まあ災害と熱中症は人命にも関わることだから、重要なニュースだと思います。その次2つも確かに重要です。
でも。。。G20終了について一言も触れないのはどうなんでしょうか。
日本企業の海外企業買収の件は、G20より重要でしょうか?大雨のニュースは例外的に重要なんですから、放送時間を少し伸ばすべきなんじゃないでしょうか。後番組にのど自慢があるからダメ?なんですか?

国際ニュース報道が少なすぎる

ニュース番組の最後で「中国でパンダの赤ちゃんが生まれました」とか「イタリアでトマト投げ大会が開かれました」みたいな、海外のどうでもいい、ほのぼのトピックを紹介して番組を締めるパターンってありますよね。
痛々しいニュースや、やるせなくなる非情な現実ばかりでは心が荒んでしまいます。ホット一息つけるニュース、トピックには一定の癒やしの効果もあるから重要だと思います。でもそれって、普段国際ニュース報道に十分時間を割いていればって前提条件があっての話です。

海外を知らないと人生つまらないし日本を客観視できない

日本の若者が内向きで海外に出てゆかないと聞きます。確かに日本は安全だし、快適だし、住みやすいから、わざわざテロが起きたり、人種差別があったり、何かと不便な外国にお金をかけて行く必要はないのかもしれません。

でもなあ。。。知らない土地で知らない文化を体験したり、知らない人に会うのは楽しいし、何より視野が広がるから、結果、日本を客観視できるようになると思うんです。何も「これからはグローバルな人材が必要」みたいな話じゃなく、単純に人生もったいないと思います。

好奇心が刺激されるような海外のニュースをちゃんと伝えないと、身の回りがイコール世界だと思うようになっちゃいますよ。

毎朝水を汲みに往復数キロを歩く子どもがいる国もあれば、親戚を辿ると必ず1人くらいテロで亡くなった人がいるって国もあるし、夜の救急病院でしか治療が受けられない国もあります。。。でも別にそれがかわいそうとか不幸だったりするわけでは必ずしもなく、色んな生活が世界にはあって、僕もそれをもっと知りたいから、海外のニュースが好きなんです。

G20 もっと詳細を!

話し戻りますがG20って世界の指導者20人が一堂に会して話し合ってる訳で、組み合わせで言うと、一対一でも400近いわけです。ちょっとした会話にだって意味があるはずですから、もっと深掘りして、普通の人が観れる時間帯で報道して欲しいものですね。