グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

ワールドカップ日本代表チームのゲーム展開予想

いよいよワールドカップが近づいて来ましたね。日本での今年のW杯は史上最高に盛り上がりに欠けている感じがします。ハリル監督の電撃解任や、忖度ジャパンとか、おっさんジャパンとか、メンバーの高齢化が揶揄されるなど、サッカー協会の迷走が招いた結果でしょう。

さて、サッカーに全然詳しくない素人の日本代表チームのゲーム展開予想です。でもワールドカップに限らず国際戦は大体いっつもこんな感じな気がするんですが。。。

キックオフ!細かいパスを回すが・・・序盤に失点。

自陣で細々とパスを回すが、相手陣内に切り込もうとすると奪われそうになるのでバックパス。このルーティンを何回か繰り返した後、パスをカットされてあっさり抜き去られGK川島と1対1となり早速失点。川島は鬼の形相で手を叩いてチームを鼓舞。西野監督と長谷部は神経質そうに眉間にシワを寄せてリスタート。テレビ解説の松木は「まだまだこらからですよ〜」と楽しそう。

ゲーム中番はミドルシュートを何本か放つがゴールには繋がらず。

もう積極的に攻めないといけないのだが、パスが遅いからバイタルエリアまでは切り込めない。仕方なくアタッキングサードから本田がミドルシュート。何本かのシュートは以下のパターンのどれか。

  1. 豪快にふかす
  2. 枠に飛ばない
  3. キーパーが真正面でキャッチ

そして本田のリアクションは。

  1. 笑顔でポジョンへ戻る
  2. 手を叩きながら満足げな笑顔でチームを鼓舞
  3. 手で顔を覆いながら天を仰ぐ

その後徐々に相手がボールを支配するようになり、ゴール前で決定的なパスが通ってしまい、後ろからDFが倒してイエローカードでPKを献上。もちろんあっさり失点。川島は鬼の形相で手を叩いてチームを鼓舞。西野監督と長谷部が神経質そうに眉間にシワを寄せてリスタート。テレビ解説の松木は「まだまだこらからですよ〜」と楽しそう。

前半終了間際か後半すぐにに失点。

前半終了間際か後半スタート直後に相手のコーナーキック。川島がヘディングをギリギリパンチングでクリアするも、こぼれ球を、マークのいないどフリーな選手がシュートでさらに追加点。川島は鬼の形相で手を叩いてチームを鼓舞。西野監督と長谷部が神経質そうに眉間にシワを寄せてリスタート。テレビ解説の松木は「まだまだこらからですよ〜」と楽しそう。

後半終了間際に選手交代するも・・・時すでに遅し。

後半終了間際に何人か攻撃的な選手を投入して攻めるが、守備的になった相手のディフェンスを崩せるはずもなくアディショナルタイムに突入。そして試合終了のホイッスル。

試合後のインタビュー

「ワールドカップはまだまだ始まったばかり。あと二戦、今日見つかった課題を修正して臨むだけです」

「自分たちのサッカーは出来ている。下を向かず前を向いて次は勝ち点3を取りに行き予選突破を目指します」

そして本田は「自分としては状態は悪くなかった。チーム全体のムードもアップして来ているし、フォーメーションも機能しているので、やるべきことをやれば結果は付いて来る」

そしてテレビ解説の松木は「まだまだこれからですよ〜」とやはり楽しそう。

これを三戦繰り返して全敗で帰国。こんなイメージしか浮かばないんですが。。。

素人予想を裏切ってください!

でも日本代表応援します!こんなことにならないよう見事にこんな素人予想を裏切ってください!頑張れ日本!