グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

選挙結果こそが民意であり信任の証 「有権者の圧倒的な支持を得たのだから、期待を裏切らずに公約を果たすべき」となぜ報道しない?

野球は結果だけでなく試合内容が評価される。

クライマックスシリーズが佳境を迎えつつありますが、楽天は残念でしたね。打たれて負けるのはやむを得ないとしても先発ピッチャーを引っ張りすぎた感じでした。このように野球に限らずスポーツ全般は勝敗が全てではありつつも、内容が問われますよね。例えば、仮に勝ってもホームラン攻勢での大味な試合運びより、守りが堅実な野球が良いに決まっています。打線は水物ですから明日もバカスカ打てるとは限りません。プレー内容が見えますから勝っても注文が付く訳です。だから負けても「次につながる負け」などと前向きに評価されたりもします。

選挙結果に横並びでネガティブな注文をつけるメディアは何様か。

野球などは良いんですが、選挙結果に注文をつけるメディアは何なのでしょうか?今回の衆院選の結果を受けての各紙の論調ですが、産経新聞以外は示し合わせたように「慢心」とか「おごり」「全面承認したのではない」「選挙結果は白紙委任ではない」などの難クセが並びます。有権者の意見直接聞いたんか?って感じです。

www.buzzfeed.com

選挙結果を分析して振り返るのは理解できるのですが、なぜ揃いも揃って論調が自民・安倍政権にネガティブなのでしょう。新聞社として恨みでもあるのでしょうか。なぜ産経だけがポジティブで残りは横並びで批判的なのでしょう。国民の選択を小馬鹿にしているとしか思えません。

市場は素直で正直

マーケットは素直に選挙結果を受け入れて評価しています。史上初の15連騰ですよ。民主党時代の3倍近い日経平均を実現したアベノミスクの成果以外の何物でもないじゃないですか。メディアはなぜ素直に「安倍政権の5年間が評価された結果」と書かないのでしょうか。「一部の株を保有している富裕層が潤うだけ」とか批判する人もいますが、年金は株でも運用されているんですよ。

www.nikkei.com

選挙での勝利が意味するは「信任」。選挙結果こそが民意。

今回の選挙結果を「安倍政権の100%の信任じゃない」などと論評するメディアがありますが、そんなもん当たり前です。自分の夫や奥さんだって100%信用しているわけではないですよね。色々嫌な点もあるけど、総合的には良いってことで暮らしを共にしている場合がほとんどだと思います。

いわんや政治って利害調整なのですから、政党や政治家さんを100%信任するなんてあり得ません。でもどこかの誰かに政治を託さなければいけないわけなので、選択肢の中からBETTERを選んで投票するわけです。だから自民党に限らずどこが勝とうとそれは信任なのです。自分だって自民党・安倍政権に不満はたくさんあります。でも他のどの政党と比べても圧倒的にBETTERだから支持しているのです。BESTなんかじゃありません。だから積極的だろうが消極的だろうが信任されたことに変わりはないのです。それを「100%の信任じゃない」などと分かり切ったことで選挙結果に難癖を付けるのは全く建設的ではありません。「有権者の圧倒的な信任を得たのだから、期待を裏切らずに公約を果たす政権運営をすべき」というトーンで応援すべきなのです。何度も言いますが有権者の選択の結果ですよ。選挙結果こそが民意であって、それ以外のメディアに都合の良いアンケートなどで勝手に作り上げる民意とやらはフェイクニュースです。

メディアが安倍政権を評価する報道を見聞きしたことがありません。おかしくないですか?

外交・安全保障・経済など全てに亘って及第点以上である安倍政権ですが、それを評価するメディアの報道は産経新聞以外に見聞きしたことがありません。是々非々で良いことは良い、ダメなものはダメで報道すべきだと思うのですが、たまに地上波民放を見ると安倍政権は全てにおいてダメという印象しか受けません。数字で結果が出ているものをなぜ評価しないのでしょう。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いイズムでの報道を偏向報道と言わずして何でしょうか。反政府メディアみたいです。BSは結構マトモなんですけどね。

国民目線からどんどん乖離してゆくレガシーメディア、新聞とテレビはもう世論なんて作れないし、視聴者も騙されないし、そもそも信用されていないとそろそろ気がつくべきなんですが、裸の大様ですから無理でしょうね。