グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

死刑執行は6ヶ月以内に 執行がニュースになるのがおかしな話

今朝、2人の死刑囚の死刑が執行されました。

www.asahi.com

まず見出しが変です。「金田法相では2度目」って。回数が何か関係あるのでしょうか。死刑執行って単なる業務遂行であって、法務大臣の義務でもあります。後ろめたいことじゃ全くないのに、そういう雰囲気を出したいという意図を見出しから感じます。

速やかに執行すべき

そもそも死刑が執行されたって、ニュースとして報道すべきことでしょうか。死刑が確定したら、本来ならすぐ執行するべきです。なぜなら。

  • 執行を長引かすと死刑囚に日々死の恐怖を与え続ける。刑は復讐ではない。
  • 自殺される可能性が増す。
  • 税金とスペースの無駄。

もちろん死刑囚それぞれの事情によるのは分かります。麻原彰晃さんは、やっぱりまだ死刑にできないし、その他の犯罪に関係してそうな場合も難しいでしょう。でも法律で6ヶ月以内の執行が決まってるんですから、速やかに執行するべきです。

老人はなかなか死刑執行されない

死刑囚によって執行までの期間が違うのも差別です。中には執行されない死刑囚もいます。
死刑になった方のリストを見ましたが、80代が1人もいません。

死刑被執行者一覧


おかしな話です。年寄りは敬うべきだから絞首刑にしにくいんでしょうか?シルバーシートは乗り物だけにすべきです。死刑囚が寿命全う?あり得ません。

国民のほとんどが支持する制度

これが国民全体に死刑制度撤廃の機運が高まって、そういう議論が国会内で頻繁に行われているのなら話は別です。でも国民の8割に死刑制度は支持されている制度です。

死刑に関しての理解を深めるべき??

eumag.jp

またぞろ日弁連です。死刑賛成・反対派、それぞれの意見を聞いているのは良いと思います。でも、この記事の結論の、

まず議論を始め、死刑制度に関する理解を深めることの重要性があらためて確認された。

なんで?なんで8割が賛同している制度を再検討する議論が必要?金と時間のムダでしょ?全く意味が分かりません。

死刑囚が「完全に」改心して(本人しか分からないので、あくまで「見た目改心したようだ」ということですが。)看守が「こんな人を死刑にする必要があるのか」と思わせ、そんな「今は善人」の人が毎朝死刑執行の恐怖に怯えている状態、とかを理解しろってことですか?知ってますけど、だから何?

死刑に反対する理由は僕にもわかります。

  • 死刑制度には犯罪の抑止効果が無い
  • 冤罪の可能性
  • 国が合法的に殺人をするのはおかしい
  • 非人道的
  • 先進国では死刑が無くなるトレンド

全部納得いきません。僕は死刑制度があった方が良いと思います。理由は色々ありますが、簡単にいうと、

「悪いことをすると死刑になるかもしれないよ」と子どもに教えられるからです。

死刑制度には確かにおかしな点が多いです。それは制度そのものではなく、執行までのプロセスにあります。死刑に反対なら、その主張を掲げて選挙に出て当選するか、賛同する議員に働きかけて国会で議論して下さい。よろしくお願い致します。