グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

NO MORE カールの悲劇!もし無くなったら悲しい駄菓子、自分的買い支え候補TOP 5

f:id:virgin9090:20170525202537j:plain

カールショックが後を引きますね。。。

僕の中での3大カールさんは、カール・ラガーフェルド(デザイナー)、カール・ルイス(走る人)、そしてカールおじさんなので、やっぱりカールが無くなるのはショックです。キャラクターとしてのカールおじさんは存続するようですが、カールカレー味の無い中、おじさんだけいても、それはバットを持たないバッターのようなもので、存在意義に欠ける気がします・・・

www.goodinfo.site

 カールが発売中止になる本当の理由は以前、上の記事で書きましたが、個人的に無くなったら悲しい駄菓子・スナック類は日頃の買い支えが大切だと思います。円を買い支える日銀みたいに、愛するプロダクトは定期的に購入してあげましょう!

そこで今回は個人的に無くなったら会社休んじゃうかも?な駄菓子5点をご紹介です。

ボンタンアメ(セイカ食品)est.1924 93歳!!!

いきなり御大登場。1924年以来のロングセラー。大正13年ですよ・・・日本でメートル法が採用された年ですよ・・・

セイカ食品 ボンタンアメ 10粒×10箱

セイカ食品 ボンタンアメ 10粒×10箱

 

www.seikafoods.jp

上記メーカーサイトの説明にありますが、当時は後で出てくる森永ミルクキャラメルが競合ターゲットだったそうです。オブラートで包まれた元祖グミの様な食感は今食べても大正時代のお菓子とは思えません。現状競合と言える競合がなく、JR KIOSKでのベストセラーだそうだから・・・これ、買い支えなくても大丈夫かも。

都こんぶ(中野物産)est.1931 何と発売以来86年!

都こんぶより先に死んじゃった人のほうが圧倒的に多そうなロングセラーっぷり。たま~に買いたくなりますが、頻度は高くないかも。日本人なら条件反射的に口の中が酸っぱくなるはず。パッケージデザインも素晴らしいですね。

中野物産 都こんぶ 15g×12箱

中野物産 都こんぶ 15g×12箱

 

 マーブル(明治)est.1961 発売以来56年!

都こんぶ、ボンタンアメほどではないですが、56年のロングセラーだって凄いです。今日の今日まで知らなかったんですが、正式名称は「マーブルチョコレート」じゃなくって、単に「マーブル」だったんですね。

筒型の紙製パッケージがちょっと紙工作的感覚でプロダクトとして素敵だし、おまけのシールがクルッと丸まって入っているのも気が利いています。

じゃらじゃら出して一気に大人食いするのも好きなので、これは年10本は買っているんじゃないかな。

明治 マーブル 32g×10箱

明治 マーブル 32g×10箱

 

チョコベビー(明治)est.1965 発売以来52年!

パッケージがおもちゃっぽくて好きです。

明治 チョコベビー 32g×10箱

明治 チョコベビー 32g×10箱

 

 あまり同意を得られるとは思いませんが、プラスティックの透明容器には、以下の懐かしゲーム、ポケットメイトのような質感を感じます。 

ポケットメイト01 野球

ポケットメイト01 野球

 

駄菓子としての美味しさは当然なのですが、意外な活用法として、チョコックッキーに使うというのがあります。クックパッドでは現時点で「チョコベビー」で検索すると実に177件のヒットがあります。スウィーツ好きの方は是非お試しを。これも、意外と買い支えの必要無いのかもw

cookpad.com

森永ミルクキャラメル(森永製菓)est.1897!明治30年!!!

森永製菓 ミルクキャラメル 12粒×10箱

森永製菓 ミルクキャラメル 12粒×10箱

 

今年で120年! 

説明不要のキャラメルの王様。森永製菓のフラッグシップモデルですね。明治30年って・・・坂の上の雲の頃?今日まで売れてるんだから、買い支え不要かも・・・

販路にKIOSKがあって、そこでロングセラーだと売上安定だから大丈夫。そうでない歴史が数十年のものに注意すべき。

ごめんなさい、駄菓子ばっかでスナック類思いつきませんでした・・・

僕はお菓子マーケッターじゃないから確かなことは言えませんが、KIOSKで全国津々浦々に並ぶ商品、ここでは森永ミルクキャラメル、都こんぶ、ボンタンアメ、この3つは当面大丈夫じゃないのかなと思いました。

チョコベビーも何となくイケそう。マーブルだけちょっとだけ心配なので、今後マーブルを気にかけて日々を過ごそうと思います。

こんな気持で駄菓子屋やKIOSK見ると新しい発見があるので、是非次の通勤・通学時にはKIOSKチェックしてみて下さい。