グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

カールはなぜ消えるのか?売り上げ不振だけが本当の理由じゃない。

f:id:virgin9090:20170525202537j:image

カールが消える・・・Curl is gone...

「カール」販売中止とのニュースを受けて、さっそく地元のスーパーの棚からカールカレー味が消えていました。カール、やっぱり愛されていたのかな?

headlines.yahoo.co.jp

以下、プレスリリースよりの引用です。残念ながら決定事項です。

 1. 販売地域の変更(2017 年8 月生産分をもって、全国発売から関西地域以西(滋賀県・京都府・奈良県・和歌山県以西)での販売へと変更し、中部地域以東(福井県・岐阜県・三重県以東)では販売を終了

 カールチーズあじ、カールうすあじ

2. 販売の終了

 カールカレーあじ

 大人の贅沢カール 濃厚炙りチーズ味、大人の贅沢カール 熟旨炙りカレー味

 小つぶカールチーズあじ、小つぶカールうすあじ

「それにつけてもおやつはカール🎶」じゃなかったのかよ!?明治さん!


【明治】おらが村カールおじさんCM総集編【全20種】

懐かしい~・・・!!!

ちなみにカール村には村民登録もできるし、ストーリー設定もちゃんとしていますし、スマホアプリだってあります。以下のサイト、かなり気合入ってます。さすが半世紀に亘るヒットスナック!

www.meiji.co.jp

会社を代表する歴史的ブランドだから、名誉職のように名前だけは細々と残るのがせめてもの救いだけど、あの歯にくっ付く独特の食感が中部以西以外から消えるのはとても寂しいです。

カールは売り上げ不振で消えるのか?違います、我々が食べてあげなかったからです。

売り上げ不振で販売中止というのは、あくまで結果であって、本当の理由は「我々が食べてあげなかったから」に尽きます。

スーパーやコンビニのスナック菓子コーナーにあるのが当たり前。だから普段あまり気にかけず、たこ焼きスナックとかキャベツ太郎とかを買ってしまい、いつしかカールの存在を忘れ始めていたんです。失って初めて感じる喪失感は、家族やペットと一緒。もっと食べてあげれば良かったと後悔しても後の祭り。

レストランやバーなどと一緒で、行ったことのあるお店が閉店と聞くと、誰しも「なんであんなに美味しいお店が?」って言いますよね。でも考えてみて下さい、そのお店、あなた去年何回行きましたか?

個人的な印象ですが、長年通っているお店は無くならない場合が多い気がします。なぜなら自分のようなリピーターが他にもいるから経営が成り立つのでしょう。

話題のお店、行列のお店でも、複数回行かなかったお店は閉店していることが多いです。

カールについても同じことが言えます。皆さん「残念、何で?」って一様におっしゃいますが、聞きたいです「去年あなたはカールを何袋食べましたか?」と。僕は1袋しか記憶にないです。だから僕もカールを殺した戦犯の一人です。

以下、悲しみのプレスリリース

www.nikkei.com

本当に愛されていたのはカールおじさんだけだったのかも知れませんね。

だから無くなったら悲しいと思う商品は定期的に買ってあげましょう。

だから無くなって欲しくない商品は買ってあげること、無くなって欲しくないお店には寄ってあげることが大切です。僕の場合、チョコベビーやマーブルチョコレートはなくなって欲しくないから、いい歳して恥ずかしいですが、年に10個ほどは買ってます。

そんなナショナルトラスト的な考え、優良商品保護の視点を持って、おやつを買ったり、店選びをするのも良いかなって、今回のカール生産中止のニュースを見て思いました。

ガリガリ君だって、うまい棒だって、たまには買ってあげないと、いつの間にかに消えちゃうことだってあるかも知れませんよ。 

明治 カールカレーあじ 66g×10袋

明治 カールカレーあじ 66g×10袋