グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

仮想通貨が流行ってる。億り人になるには?お金って何だろう?

通勤時に電車内を見るとビットフライヤーやコインチェックなど、明らかにボーナス戦線を狙った中吊り広告を頻繁に見ます。そりゃ1年で20倍に化けるくらいなんだから余剰資金を投資(投機?)してみたくなるのはもっともですよね。
銀行に預けても利子なんてつかないし、多少利子がついたってATMの手数料ですぐ吹っ飛んじゃいます。だったら株はというと、値動きがゆるいから一攫千金は無理。FXは生活が崩壊するかもだし、追証金が必要になったりするから怖いし。
そうすると現物で手を出しやすい、でもビットコインはもう高くて手が出ないから、仮想通貨版の低位株に手を出すことになるんだろうなあ。だからリップルとかネムとかがネットの掲示板とかを賑わすんだと思う。

「億り人」って言葉がありますよね。相場で億を作った人のことですが、今から億るには、まとまった額を新興仮想通貨に一点賭けでもしないことには無理です。まあ本当に何人くらい「億った人」がいるのかは実際にはわからないんですけど。税金も雑所得扱いだから億稼いでも半分近く持ってかれるし。

何が言いたいかと言うと、楽してお金を稼いで引退したい人が世の中には沢山いるんだろうなってこと。

僕も働きたくないし、贅沢するつもりはないからゆるゆる暮らせるお金さえあればいいんで、子供が自立したら家に引きこもって毎日料理だけやっていたいと思うから、そこそこ儲かったりしないかなと思って少し持ってますけど、どうなることですかね。