グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

コインチェックの次はビットフライヤーでアクセス障害(現在は復旧済)。日本の仮想通貨交換業者は自ら仮想通貨の評判を下げ、危険なイメージを植え付けた。歴史的イノベーションのブランドを汚した責任は重大。

仮想通貨のトラブル続出

今年は仮想通貨の厄年なのか、トラブルが続きますね。Coincheck 騒動が全く収束を見ない中、今度はBitflyer がアクセス障害です。

f:id:virgin9090:20180131194205j:image

現在は復旧していますが、間が悪すぎます。ビットフライヤーはちょうど今朝、セキュリティ・ファースト主義宣言をしたばかりなんです。以下プレスリリースです。

https://bitflyer.com/pub/bitflyer-security-first-policy-and-our-measures-for-security-and-customer-asset-protection-ja.pdf

コインチェックへの露骨な当てつけなのでしょうが、その当日にアクセス障害はダサすぎますね。それに今日は仮想通貨のリスクの上場を迎えた日でもあります。最悪です。個人的にリスク推しってのもあるんですけど。
現在コインチェックはほぼほぼチャットアプリの役にしかたたないので、リスク上場と共に大挙して会員が流出して取引が限界を超えたとか?理由は想像するしかありませんが、お粗末ですね。

仮想通貨に全く非はなし。

しかし、今回のコインチェック騒動も、ビットフライヤーのアクセス障害もそうですが、なんとも歯がゆいのが、セキュアが売りの仮想通貨自体に問題がある訳ではなく、それを扱っているマーケットのセキュリティやサーバ能力が脆弱でハッキングされたり、アクセス障害が起きてるってこと。絶対開かない金庫が入っている金庫に鍵がかかってない状態がコインチェックであり、金庫が入っている金庫がペコペコの紙製だってのが「セキュリティ・ファースト」主義のビットフライヤーなのかもしれません。何だか切ないなあ・・・

歴史的イノベーションである仮想通貨の評判を落とした罪は重大。

せっかくの歴史的イノベーションである仮想通貨の評判がガタ落ちしちゃいますよ。日本の仮想通貨交換業者は自ら仮想通貨の評判を下げて、危険なイメージを植え付けてるんですから。歴史的イノベーションのブランドを汚した責任は重大ですし、日本だけの問題に留まりません。何よりお恥ずかしい限りです。

世界の仮想通貨エンジニアに申し訳ない。

ここでは細かい説明は省きますけど、仮想通貨はブロックチェーンの有り様の1つであり、高度な技術で開発しているものです。性能がバージョンアップで上がって行くものです。そんな細密な成果物をぞんざいに扱って取引業者の評判が落ちるのは勝手ですが、仮想通貨を道連れにするのは犯罪的だと思います。

 

ま、筆者が出金できないから腹が立っているだけって説もありますけどね。