グッドインフォ.site

自称国際政治評論家のお金に余裕のないサラリーマンがグッドインフォをお届けする、ゆるくキャッチーなブログです。

コカコーラが缶チューハイを発売?オフィシャルコークハイだけど、なんか失敗しそう。

しかしコカ・コーラ社が缶酎ハイを出すとは思わなかった。世も末というか、貧すれば鈍すと言うか、何と言うか・・・

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-07/P58DS86JIJUQ01

何で缶チューハイ?

コーラの不動のパブリックイメージって、ハーフ風のリア充な美男美女が海や山でレジャーをエンジョイしているシーンに「スカッとさわやかコカコーラ」とか、「Enjoy Coke」「I Feel Coke」みたいなキャッチコピーが流れる感じでしょ?人生の様々な楽しいシーンに爽快感で華を添えるのがウリなんだから、酒、しかも缶酎ハイってどうなんだろう?

コカ・コーラはドリンク界の王様で、敵はいないんだから、何でわざわざ畑違いの領域にちょっかいを出すのかな?単純に新たな売上のチャンネルの開拓なんでしょうか。

かつてはワイン事業にも。

今日の今日まで知らなかったのですが、コカ・コーラ社はノンアルコール飲料だけに注力してきた訳ではなく、短期間だけワイン事業を展開したこともあるそうです。1983年に撤退したらしいですが、ワインなら理解できます。リア充な感じですもん。コーラはあらゆるジャンクフードと相性が良く、その対極としてワイン事業というのは腑に落ちます。強力な物流ネットワークや販売店舗展開も活かせそうですし。

もともとコカイン入り飲料だから酒もアリか?

まあもともとモルヒネ中毒の処方薬として、ワインとコカの葉(コカインの原料ですね)とコーラの実の成分から作ったカラメル色のシロップを炭酸水で薄めたのがコカコーラですから、最初はドラッグ入り。だから酒だって良いのでしょうが、どうも酎ハイは違うんじゃないかなと思ってしまいます。

イメージとしてはウィルキンソンの最近の展開に似てるけど、ウィルキンソンはただの炭酸。コーラはコカコーラだもんなあ。

まあオフィシャルコークハイって事でクラシック瓶ボトルで発売してくれたらちょっと欲しいけど、なんかブランドイメージが揺らぐだけのような気がするなあ。

デザインに注目ですね。